So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映像『ペン画物語』進捗状況 [日記・雑感]

 映像作品『ペン画物語』は、結構時間が掛かりそうな予感がしてきた。試験的に5分ほど纏めてみたが、とても見ていて面白い映像ではない。
 この状況を打開するために、NHKで以前に放送された『ムットーニ』(作品と作者紹介映像作品。インタビュー、子供時代の再現、作品の映像で構成されている)を公開しているYouTubeを見ながら、構成など基本的なところを調べてみることにした。
 ざっくりではあるが、『ムットーニ』(45分)はクレジットロールまでで98カット。ディズニーのアニメーション作品『Destino』(6.3分)は66ある。1カット平均27秒。一方、『Destino』は5.8秒。尤も、これは切り方をどのようにするかという基準が明確になっていないので、飽くまでも目安にすぎない。南カリフォルニア大学のドリュー・キャスパー教授によれば昔は平均500~600ショット、それをヒチコックが1300とし、当時としては以上に多いショット数になった。現在では平均2000~3000位になっている、ようである。映画の長さが120分(7200秒)あるとして、これをショット数で割ると、昔は12~14.4秒、現在は平均2.4~3.6秒/ショットとなっていることになる。随分落ち着きのない画面が作られていることになる。
 
※キャスパー教授のこの数値はハリウッド映画についての話に限定されています。

 改めて、『ペン画物語』(25分)を見ると、30ショット、50秒/ショットとなっていて、かなりゆっくりしていることがわかる。栗の里の愉快な女房殿にも脚本・構成について相談してみた所、やはり画家の隠された部分などをしっかり描かないと面白みがない、多少誇張があってもいいのでいれるべきだ、との助言があった。再現するのが難しいと思って、最初から諦めて省略していた話題もいれることにした。彼女が今回から参加してくれそうなので、心強い。
 第二稿ではショット数は42に増えた。25分(1500秒)なので35.7秒。飽くまでも案の段階なので、実際には更に24以上のカットが必要になる。とすると、22.7秒。
 このような机上の計算をやっていると、少し先に進んでいるような気分になってくる。

20181104 DSCN4165.JPG

※今日の写真は、悪夢に魘される場面の、背景と巨大鳥の頭。変更の可能性はあるが、とりあえず数週間前に作ったものを掲載。
nice!(40)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

nice! 40

コメント 5

Enrique

なるほど,ワンショットがどんどん短くなって来ているのですね。
妻との会話でも,こちらはよく考えて応答していると,あっ,その話ね,もう終わっているの。と,肩透かしを食らいます。映像も少しゆっくりしたショットの方がじっくり考え,味わえて良いと思います。
研究発表のスライドでも昔は1枚1分と教わったものですが,今は沢山情報を盛り込んだものを1分に2枚でも3枚でも出します。コンピュータだから視認性が良いにしても,ちょっと多過ぎると思います。
by Enrique (2018-11-05 16:34) 

mimimomo

こんにちは^^
映像関係の詳しいことは分からないけれど、一つのショットを長めにと言うことは枚数を減らすってことですよね?その方が気ぜわしくなくゆったりとした感じですね。
by mimimomo (2018-11-06 12:32) 

sig

こんばんは。いろいろな角度からの検討も進んでいるようですね。
奥様のアドバイスがあるとは羨ましいです。
by sig (2018-11-09 00:05) 

アヨアン・イゴカー

えれあ様、トックリヤシ様、Mitch様、ビタースイート様、ネオ・アッキー様、りんこう様、ChinchikoPapa様、シラネアオイ様、常武鉄道様、扶侶夢様、@ミック様、dumbo様、めもてる様、鉄腕原子様、carotte様、Enrique様、sig様、lamer様、森田恵子様、majyo様、kohtyan様、はっこう様、せとっこ様、soramoyou様、mimimomo様、JR浜松様、さとふみ様、かずのこ様、芝浦鉄親父様、ぜふ様、taka様、kazg様、まおた様、大善士様、ファルコ84様、マルコメ様、yam様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2018-11-12 22:22) 

アヨアン・イゴカー

Enrique様
上記の数字は、正確なものでもなく、またハリウッド映画に限定されています。が、最近の映画にしろアニメーションにしろ、慌しい場面転換が多いように思われます。対極にあるのは、舞台(芝居)ではないかと思います。舞台のように、場面ごとにしっかりと組み立ててゆく作法もあると思いますが、相当に内容が面白くないと、その場面は持たないでしょう。
ちなみに、私は、パワーポイントを使うプレゼンは、自分には向いていないと思っていました。商品(研修内容)を説明する時は、パワーポイント風の資料ではなく、もっと文字の多い資料を持参し、じっくり時間を掛けて説明して今し^。^

mimimomo様
ショット数が多いのは変化に富んでいることになりますが、落ち着きがない、情報が多い、など、現代の社会を反映していると思います。
私も、時間はゆっくり流れるものの方が好きです。小津映画や木下恵介などは、台詞なども面白く、たまに小津や木下映画ごっこしたりしています。

sig様
一つの作品を、他者を巻き込みながら作ると言うのは、時間がかかります。何よりも、しっかりとした準備が必要で、準備をしているとあれこれ不備が分かったり、必要になったり。こういう経験を経て、効率的にそれなりの作品を作ることができるようになるのだろうと思います。
女房殿は拘りが強く、妥協をしない型の人間なので、ほどほどにとは思っていますが、どうなることやら。

by アヨアン・イゴカー (2018-11-12 23:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。