So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

宮澤賢治『春』1926年5月2日の作品につけた曲 [youtube]


Youtubeに公開した動画を再生できない。果たしてこの埋め込みが成功するかどうか。アメーバブログの方にもurlを貼り付けてみたが、開くことができない。実に面倒極まりない。余計な変更をして、更新を勧めるを止めにして欲しい。どうして、今までどおりで使えるようにしておいてくれないのか。https://www.youtube.com/watch?v=6cZL0HflcbE


 2018-06-23DSCN3888.JPGところで、この詩は、賢治が教師をやめて農業を始めた時に作った詩だと思うが、彼の決意が現れている。春の長閑な風景を見ながら、彼は自分が農民のように身体を使うことを決めていたのだろう。


 私もそして今、同じような心境になっている。農業をしたり、ぎちぎちと鳴る、汚い掌をもつことになるわけではないが。

nice!(31)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

nice! 31

コメント 8

Enrique

リンクからYouTubeに飛んで再生出来ました。
やさしいギターとパンフルート?がほんわかとした牧歌的な雰囲気をかもしだしています。

おそらく,ページ内への埋め込みを意図されたのだと思いますが,現状,
管理ページの「設定」のところの,「基本設定」,「ブログの設定」の3段目の,「リッチテキストエディタ」が「使用する」になっていないでしょうか?

これを「使用しない」にしないと,ページ内へのYouTube画面の埋め込みはうまくいきません。理由は,YouTubeからのコピペされた記述は,<html>の意味を持ったタグな訳ですが,「リッチテキストエディタ」使用下ですと,<html>の意味を持たない単なる文字として表示してしまうからです。

So-netのデフォルトの設定が「リッチテキストエディタ」を「使用する」だったと思います。ブログの利用者で<html>を直接編集する方は少ないと見たのでしょう。

「リッチテキストエディタ」を使わない環境下ですと,単なる文章の記述でも,例えば<html>の改行命令である<br/>などを使う必要が出てきて少し面倒ではありますが,YouTube画面埋め込みは<html>の記述ですので,<html>記述をマスクしないシンプルなエディタで編集する必要があります。

場合によっては,「記事の初期設定」の「改行HTMLタグ変換」の選択も必要があるかもしれません(自分で改行命令<br/>を書くか自動で済ますかですが,昔のワープロの⏎マークの様なものですが。)
by Enrique (2018-06-25 18:04) 

アヨアン・イゴカー

Enrique様
埋め込みの方法、ご教示くださいまして有難うございました。
何回か試行錯誤し、上記のように埋め込むことができました。
今後は当面、リッチテキストは「使用しない」を設定にしておこうと思います。
by アヨアン・イゴカー (2018-06-27 00:02) 

森田惠子

問題なく見ることができました!
詳しい方にはなんということもないことなのでしょうが、私もいろいろ苦労している仲間です。
by 森田惠子 (2018-06-27 19:14) 

kazg

埋め込みで、見聴きすることができました。穏やかな伸びやかな曲、賢治の詩と通います。
賢治のこの詩、かれの強い決意と気迫、矜持が込められていますね。「ぎちぎちと鳴る、汚い掌」誇らしい思いが伝わります。
未来を見据えて後ろ姿で佇む猫君、背中に静かな決意がみなぎっていますね。
by kazg (2018-06-28 08:04) 

Enrique

アヨアン・イゴカー様,

ものしり顔のコメントをしてしまいましたが,YouTube画像の埋め込みが出来なかったのは別の理由だった様です。

今回の常時SSL化で,私の過去ページで音や絵が出ないものが続出し,それを修正している過程でリッチテキストエディタで編集したページでもYouTube画像が貼り付いているページを発見し,その間違いに気付きました。他のパーツで確かにリッチテキストエディタではダメなものがあったので(楽譜を演奏させるNoteflightのプレイヤー)がそうだったもので,てっきりYouTube画像もそうだと思っておりました。

試行錯誤でお時間を使われた事と思います。却って混乱させてしまい申し訳ありません。

<html>の書きつけがそのまま出ていましたので,おそらく貼り付ける過程での文字のくるいが原因だったのではないかと思われます。

by Enrique (2018-06-29 18:36) 

lamer

程度が高くてよくわかりませんが宮沢賢治の「春」素朴であだやかな感じに見聞きできました。機械はちょっとしたことが違ってもダメで大変です。
by lamer (2018-07-06 23:56) 

アヨアン・イゴカー

はじトラ様、ぜふ様、鉄腕原子様、かずのこ様、majyo様、@ミック様、carotte様、sig様、トックリヤシ様、めもてる様、Enrique様、Mitch様、ChinchikoPapa様、せとっこ様、りんこう様、kohtyan様、森田恵子様、kazg様、dumbo様、ぼんぼちぼちぼち様、taka様、マルコメ様、ネオ・アッキー様、山子路爺様、kequiche様、neobaccarat様、lamer様、シラネアオイ様、さとふみ様、yam様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2018-07-08 14:41) 

アヨアン・イゴカー

森田恵子様
本当に、私のような素人はこういうハードの取扱が苦手で、時間が掛かって仕方がありません。少しずつ覚えるしかないと覚悟していますが。

kazg様
十代の時にこの詩を始めて読み、やはり「ぎちぎちと鳴る 汚い掌」と言う部分が一番印象的でした。十代の時に歌曲を作ろうとして、比較的早めに作ったと思います。
姉がこの猫の頭がどうなっているのかわからにと言うので、麦わらシャッポを被っているんだよ、と説明したら、「あらそう?あら、可愛い!」と言いました。

Enrique様
お陰様で、問題なく埋め込みができるようになりました。「使用しない」設定に変えないと何度やっても、埋め込みは出来ませんでした。

lamer様
本当に、機械は融通がききません。だからこそ、反対に信頼できるのかもしれません。いずれにしても、死ぬまで、この変化についてゆかねばならないのだろうと思っています。



by アヨアン・イゴカー (2018-07-08 14:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。