So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「帝銀事件 死刑囚」上映会へ行く [日記・雑感]

 昨日は、以前にChinchikoPapa様からもご紹介頂いた「帝銀事件 死刑囚」上映会を観に、明治大学生田キャンパスへ行って来た。よりによってとても暑い日だった、日差しが強く徒歩10分以上掛かる通学路には日陰が殆どない。
 1964年公開。日活制作。熊井啓監督デビュー作。
 <主要キャスト>
 平沢貞通 ・・・・信 欣三
 平沢妻・・・・・・・北林 谷栄
 新聞記者・・・・・内藤 武敏
 新聞記者・・・・・井上 昭文
 デスク・・・・・・・・鈴木 瑞穂
 銀行員・・・・・・・笹森 礼子
 平沢娘・・・・・・・柳川 慶子
 検事・・・・・・・・・草薙 幸二郎
 
 ※第九陸軍技術研究所(登戸研究所)のシーンが、1960年代の明治大学生田キャンパス内(実際の登戸研究所の建物)で撮影された。

DSCN4410.JPG 西北門にキャンパス案内があるが、好く分からず、学生の一人に聞くと手で差して教えてくれる。
 予約は不要だが、満席の場合にはサテライト会場で観ることになると案内に書いてあったので少し不安だったが、12:00頃に受付に行くと、今日の様子では上映時刻の13:00になって来ても観られます、と整理番号配布時に若い女性が言ってくれた。私の整理番号は73番で、入場開始の12:15に再度受け付けに行くと、観客が並んで待っていた。
 13:00から館長の挨拶。前回、1月の上映の際には400人以上の観客があり、会場に入りきれず、中には帰った人もいたそうで、その時に再上映を約束し今回の上映に至ったとのこと。
 観客は、年配者が殆ど。昨日は、100人を越えていたのかどうか。
 
20190525帝銀事件 死刑囚 上映会DSCN4408.JPG 映画は緊張感をもって最後まで観ることができたが、何よりも悔しさ、悲しさ、空しさを強く覚える。登戸研究所の伴繁雄『陸軍登戸研究所の真実』を以前に読んだことがあるが、その伴も証言の中で帝銀事件の犯人は彼等も研究していたアセトシアノヒドリンを使ったと見られるので、旧軍関係者で化学知識の豊富な者と思われると述べている。この犯人説が、突然、一般人の平沢氏に切り替わってしまう。それにGHQが絡んでいる、その様子が描かれていた。今の政権への忖度によって、官僚たちが事実の改竄、隠蔽、廃棄をしている様子と全く同じである。DSCN4409.JPG
 映画は15:00に終了したので、その後は登戸研究所資料館へ移動し、帝銀事件関係のパネルを映画を思い出しながら見る。どう考えても画家平沢氏は無実だと思う。
DSCN4411.JPG そして冤罪で死刑囚とされ、家族はその判決による多大の被害を蒙った。国は冤罪に対して、心からの謝罪し、名誉回復をする義務があると思う。
nice!(19)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

Guitar concerto 1st movementパート譜 [音楽]

 前回の記事へのコメントで、Enrique様が、楽譜は静止画像の方が読みやすいと仰っていたので、ギターパートのみを抜き出したパート譜を作成しました。写真は三枚で、一枚目が冒頭第一小節から13小節まで、二枚目が73小節目から88小節まで。三枚目が89小節から99小節まで。
DSCN4405.JPG
DSCN4406.JPG
DSCN4407.JPG
写真のない部分は、全て休符。
nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

Guitar concerto 1st movement 舞台裏 [youtube]



ギター協奏曲の舞台裏。どのような楽譜になっているかが分かるように、YAMAHA XG Works STを再生し、それを録画してみました。ギター楽譜が映るように撮っているため、弦楽器の楽譜は一部入っていません。
nice!(26)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

Guitar concerto 1st movement(第二版)



ギター協奏曲の第一楽章は既に一度書いたが、気に入らず、昨年夏に第二版を書いた。それがこの曲。それも今ひとつ気に入らないので第三版を書き始めたのは10月下旬。全く異なる曲が、同じ名前で3種類できることになる。この第二版は、題名を変えることになるかもしれない。
 今年4月20日の土曜日に愛甲郡愛川町を流れている中津川の景色を、撮影練習の為にビデオ撮影して来た。その映像をどこかで紹介しておきたいと考え、今回、保留になっている「ギター協奏曲第一楽章提示部」と一緒に、まとめてみた。宮ケ瀬湖と言う人造湖に繋がる中津川。その景色は、私が理想とする風景だった。
nice!(33)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

森の大工さん アオゲラ [youtube]



 昨日5月3日の金曜日昼、庭で作業をしようと玄関の扉を開けると、嬉しい音が聞こえてきた。啄木鳥が、樹木を突く音だ。コゲラかと思い音のする檜の方を見ると、何と黄緑色の羽だ。アオゲラだった。急ぎ、ビデオを撮ってきて撮影。二人連れの若い男女が背後を通り過ぎて行ったが、私が何を撮影しているのかは気付かないようだった。
 先日、愛甲郡愛川町の中津川の様子や、我が家の周りの緑を撮影しては見たものの、自分用としては好いのだが、他者に見せるような映像作品とするのは難しさを感じていた。その一つの打開策として考えたのが、今回の作品である。『ペン画物語』をより見ていて楽しいものにするためには、どういう工夫をしなければならないか。その実験の一つである。劇場で、一場面を見ているような雰囲気がでればと考えた。
 
nice!(22)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

映像編集について

DSCN4389.JPG 先週、水曜日4/17、土曜日4/20、日曜日4/21と連続してビデオ撮影を行った。合計2時間以上あるかもしれない。それを、月曜日に35分ほどの長さにした。姉が信者である教会関連の集会のものである。
 作品としては「教会の活動紹介」と言う括りにして纏めることにした。イースター礼拝、墓地記念礼拝、讃美歌集会、この3つを7対1.4対0.9ほどの比率で構成。前後に音楽をいれる。今回の映像のために、導入曲として1分ほどの長さの曲を書いた。
 編集にはMOVIE STUDIO 14を使っているが、最近は不具合も起こらず、順調なので物理的なストレスは少ない。「少ない」というのは、編集をしていて、まだまた不慣れなせいもあるが、機能が不足しているように感ずるからだ。自分の無知が原因かもしれない。
DSCN4390.JPG 兎に角、今はできるだけ多く撮影し、編集し、技術を身につけることが優先だ。HDR-CX680は手振れ調整機能がついているからと言って安心していたが、実際には近くの物を撮っている時にも、歩いていると画面が随分ぶれる。やはりスタビライザーが必要になりそうだ。また、野外での撮影の際には、録音が上手く行かない。特に風が吹いているときは、風が作り出す摩擦音が入ってしまう。録音は大きな課題だ。げんじょう
 このような作品作りをしていて、保留になっている『ペン画物語』についても、そのうちに再開できそうな気になってくる。
nice!(27)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

今年の花見 [youtube]


 今年も、自宅から歩いて花見に行く。購入しなおしたSONY HDR-CX680で、桜を撮る。今回は、桜以外の野草なども撮るようにした。
 5月に入れば新緑が美しくなるので、それは改めて撮ることになるだろう。
 昨年同様、「2019年の桜」用の音楽を書いていたら、「さくらさくら」の旋律が浮かび上ってきたので、結果的には「さくらさくら変奏曲」になった。花びらのクロースアップが少なかったために、花見客やら建物などがかなり映り込んでしまったので、桜花を強調する映像にするためには切ったり繋いだりすることになった。編集のよい練習となった。
 撮って編集をし始めて分かるのだが、現場の状況で、思うような視点から撮影できないがとりあえず撮ったという映像は、相当に切り貼りをしないと使えないか、全く使えない。合計46(桜以外も10ほど)のシーンを撮ったが、使わなかったものが半数以上。
nice!(31)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

ALLA MANTOVANA #2 [youtube]


 先のYouTubeでは、Enrique様より、原型を留めていないというご指摘がありましたので、原型が分かるように再度作りなおしてみました。第一変奏のみ追加したような曲になりました。
nice!(29)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

Alla Mantovana [youtube]



 先日、短時間で書いたラ・マントヴァーナ風の曲に少しだけ音符を追加して、YouTubeに。背景の絵は、以前に描いた騙し絵(隠し絵)シリーズの2枚。今日は曲名として”Alla Mantovana”としたけれど、当初は”Jerusalem, Jerusalem"。背景画にエルサレムの絵地図を描いたものを使ってみたが、曲の印象に合わなかったので中止。本日、題名と一緒に変更してしまった。Jerusalemの語源を調べてみたら、このヘブライ語の意味はpossession of peace(SOED)となっていた。本当にあの地域の平和が重要だと思い、Jerusalem, Jerusalemの方が曲名としては良かったと思っている。
 「ラ・マントヴァーナ風」とはしたものの、どの程度ラ・マントヴァーナをどれだけ感じていただけるものなのやら。

 昨日、ヨドバシカメラに行き、修理不能と宣言されたビデオカメラを回収した。再度、電源をいれてみるが、やはり完全に使えないことが分かった。とは言うものの、淡い期待を抱いて、いつか甦るのを待ってみたい。

nice!(26)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

ビデオカメラ等のこと [随想]

2019-03-15金曜日DSCN4326.JPG
 ヨドバシカメラに持ち込んだビデオカメラは、一週間も経たないうちに連絡があり、修理不能であることが分かった。水没により、基盤に大きな損傷があり、修復不能であるとソニーが判断したとのことだった。修理を請け負う以上、正常に機能し、新製品と同じ状態にしなければならないが、水没による故障の場合には、どこまで不具合があるかを確認するのに時間がかかり、実は費用が高いのも、手間が掛かるからなのだ、と優秀な中国人店員が修理に出す時に説明してくれた。「交換する部品なんて、そんなに高くはないんですよ。」とも。なるほど、と納得できた。
 リトアニアのお嬢さんの後半の予定のビデオ撮影は、弟のビデオカメラを借りることになった。パナソニックのカメラで、ソニーHDR CX-680に慣れていたので、最初とまどった。3月19日火曜日には富士山、鳴沢氷穴、旧上九一色村、忍野八海などにゆく。弟が旧上九一色村に行った時にサティアンがどうのこうのという話をするので、日本語を2年間しか勉強していない学生さんに、難しすぎる話題ではないのかと言うと、なんと、この学生さんは教官がテーマとして出したオウム事件を大学で調べ発表した、ということだった。
 富士山(今は四合目まで)にも、忍野八海にも、中国人観光客が大半だった。平日だったから、日本人は基本的には少ないのが当然であるが、それにしてもどちらも結構観光客が多かった。ゴールデンウィークや夏などは、さぞかし混んでいるのだろうと思うを、ぞっとする。自然を見に来て、有名な画家の展覧会の会場のように、行列ができていたら。想像するだけでも疲れてしまう。実際に、数少ないトイレには列ができていた。展望台にも自撮り棒をもった人々が列を成して順番を待っているような状況。
 忍野八海の水は、確かに透明で実に美しい。中国人に人気の場所らしい。
 この様子をビデオで撮り、帰宅してから直ぐにこの映像用に作った2曲を入れて編集。日本民家園と枡形山の前半と、今回の後半を繋げた。35分ほどの長さになった。これを日本滞在の思い出にと、弟経由で渡した。
 その翌日は、姪がイスラエル(エルサレムほか)に行って来た報告会を行うというので、同席し撮影した。姪が編集した映像をYouTubeに暫定的にアップロードしたものを再生するという報告会であった。モニターの画面を見ている人々を私がビデオで撮影する、劇中劇のような入れ子構造になっているのが面白いと思っている。
 私はクリスチャンではないけれど、既にこの映像をいれて2つ、キリスト教関係のビデオを撮っている。中断しているが、ビデオカメラを再度購入し次第再開予定の姉の短編ドキュメンタリー「ずっこけ姉ちゃん、クリスチャンになる」、教会の信者の一人から頼まれている教会の儀式の撮影。そして、牧師が心を込めて祈る姿を何回も見ているが、難しい言葉を使わない、分かりやすい宗教はいいものだと思う。宗教で最も重要なことは、絶対的な信仰だと思うが、クリスチャンになっている姉などはそういうものがあるのではないかと、感じ始めている。
 ところで、姪っ子が映像の編集の際、イスラエルの国歌を使用している。この旋律は、耳に馴染みのあるもので、母が鼻歌で歌ったりする旋律だ。ネットで検索してみると、イスラエル国歌がスメタナのモルダウの旋律に似ていると書いてあった。少し調べてみると、イスラエル国歌も、モルダウもイタリアのラ・マントヴァーナの変形であると言う解説があった。
 自分でも早速、ラ・マントヴァーナ風のギター曲を書いてみた。そのままではつまらないと思い、少しずつ変えているうちに、殆ど原型を留めない別の曲になってしまった。この曲を、「イスラエル訪問 報告会」の頭と最後に入れた。今回、YouTubeにして公開しようとしたが、画像が気に入らなかったので、一旦保留に。

nice!(21)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -