So-net無料ブログ作成

佐藤 慶紀監督『Her Mother』 [日記・雑感]


DSCN3509.JPGHER MOTHER 佐藤 慶紀監督作品

娘を殺した死刑囚との対話

娘を殺害した加害者の死刑を止めようとする母。一体なぜ・・・

期間:9/9(土)~10/6(金)ロードショー 連日10:30~
場所:新宿K's cinema
<その他注意>※K's cinemaのHPより
 ・当劇場は84席の 定員・入替・整理番号制 となっております。
 ・3階入口のカウンターにてチケットをご購入の上、入場番号付き整理券を  お受け取りください。
 ・特別鑑賞券、招待券をお持ちのお客様も一度受付カ ウンターにて入場  番号付き整理券にお引き換えください。
 ・上映開始時刻の10分前(作品により5分前)より、10名様ずつ整理番号  順でのご入場となります。
 ・当劇場は消防法により、お立ち見席をご用意しておりません。満席の際  にはご入場をお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。

 


 以下、この映画を見ての感想を述べたい。
 
 この映画は「半倒叙」方式で作られており、刑の確定後、この事件に関わる人々がどのように考え行動するかが描かれている。それは答えられることのない、投げ掛けられただけの疑問集のようでもある。

注)倒叙:inverted detective story 『刑事コロンボ』では最初に犯行現場の状況が見せられてから、その後容疑者に質問を投げ掛けながらコロンボ刑事が追い詰めて行くという展開になるが、これを倒叙と呼ぶ。半倒叙は、その後の展開で、全ては明らかにならないものをそのように呼ぶ(ウィキペディアによれば)そうである。
 
 娘を殺された母晴美は、娘みちよが殺されたという事実のみしか考えようとしない。自分たちは被害者側にあるのだということしか考えようとしない。現実には何があったのか、事実そのものを直視しようとしない。知ることを回避し続ける。事実に向き合おうとさえしなければ、その事実そのものを否定できるだろうという、安易な自己防衛である。この自己防衛本能は普遍性が高い。(ついでながら、往生際の悪い政治家は全員これが当てはまる。)
 娘を殺害した孝司は、裁判では娘側にも原因があったことを主張するが、刑が確定しまった後は考え方が反転する。殺してもよい人間がいる、と考えていたが、それは間違っていたと確信するようになる。彼になぜこのような心境の変化が訪れたのかは好く分からない。自分の犯した殺人罪のみを考え、それを償うことのみが自分にとっての救いなのだと考えたのかもしれない。孝司はこの信念を自分の死の時まで変えようとしない。自分の犯した殺人の罪も娘達の罪も、自分がこれ以上何も弁明しないことで背負い、これ以上の憎しみの連鎖を断ち切ってしまおうとするかのように。
DSCN3510.JPG この死刑囚の息子孝司の心境の変化は、最初晴美の元夫に、そして続いて頑なな晴美自身の考え方に変化を齎す。

 そして、晴美は知りたくはなかったが、知らねばならない事実に向き合わなければならないと考え始める。ソフォクレスのオイディプスのように、知るべきではない、知れば自分が不幸になってしまう事実を知らねばならない状況に追い込まれてゆく。
 しかしながら、運命の悪戯によって悲劇に追い込まれてゆくオイディプス王と異なり、晴美は利己的であり、自己中心的な考え方をする人間であるように思われる。それゆえにこの心理はより一般性を持っているかもしれない。 
 この晴美という自我の強い利己的な女性を西山諒が好演している。その演技により、死刑執行されてしまう孝司の母親の悲しみが、より一層強調される。
 また、怒りに任せて殺人を犯してしまった孝司。彼は深く愛していたからこそ、裏切られてみちよとその恋人を殺した。過去の過ちは全面的に受け入れ、言い訳はしない。殺しても良い人間がいるという考えそのものが間違っていたのだから。無言を貫いて死んでゆく、そこには孝司という「男の美学」があるようにも思える。よい表現かどうかは別にして、暴走族のリーダーが配下の者全員の責任を取って、自分ひとりが実刑を受ける姿を想像してしまう。「悪いのは俺一人で、俺が全部悪かった。あいつらぁ、関係ねえ。俺がやったこと。」荒川泰次郎が孤独、その寂しさ、悲しさを真剣に演じている。
 殺人者であるからには有罪ではあるけれど、たった一人の愛しい息子が、終身刑にならず処刑され自分よりも先に死んでしまうという苦しみ、悲しみ。この心理を終始一貫て演技したのが栗の里の愉快な女房殿。それを全身全霊で演技したことが
Mention spécialeに繋がったのかもしれない。


nice!(29)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

YouTube 三月の停留所 [youtube]

DSCN3519.JPG従妹が書いた詩に、今年3月下旬に書いた曲をつけて、Youtubeにした。
詩の題名は『三月の停留所』
Youtubeに使った写真は、作成直前に撮ったものだが、最初の猫の絵画刻まれているのは先代の郵便受け。今は、1.5倍ほどの容量のものに作り変えてある。その後に出てくるガラス瓶に差してあるのは楓の実。白樺の枝で作った犬は、大工の義兄の作品。その後連続して出てくるのは、栗の里の愉快な女房殿が集めた人形達。我が家の玄関に飾ってあり、毎日お出迎えをしてくれる。
Youtubeを見た後、従妹は、この玩具たちを気に入ってくれたらしい。ブースカだらけ、玩具の森。アトムクッキーの円柱の箱もたまたま置いてあったので、こちらも撮っておいたのは、勿論「アトムが眠っていた木の引き出し」と言う表現があったから。白熱電球の明かりのため、全体的に赤い色になっているのも、実は、私の趣味に合っている。青白い蛍光灯よりも白熱電球の方が、暖かみ、家庭的な空気を感じられてすきなのだ。


nice!(47)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

隠し絵(騙し絵)その4  あれか、これか

20170727DSCN3512.JPG 視点には多数の種類がある。微視的、巨視的、右から見る、左から見る、上から見る、下から見る、斜めから見る、今すぐに見る、時間を掛けてか見る、時間が経過してから見る・・・それらの視点によって、同じ物が全く異なった物に解釈される。この解釈が問題で、解釈とは個々人の持っている価値観、人生経験、知識、情報、生き方など、様々な要素によってなされてゆく。

nice!(34)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

隠し絵(騙し絵) その3 ぱっと見は怖いけれど・・・ [絵画]

20170722DSCN3511.JPG今日の絵は『ぱっと見は怖いけれど・・・』と言う題名にしてみる。一昨日の夜描きはじめ、昨夜手を加え、今日更に手を加えて一旦完成。当初は、二頭の馬、あるいはライオンが向き合って立っていて、そのシルエットが女性の顔になるような絵にする積りだったが、既に描かれている隠し絵によく似てしまっては意味がないと、あれこれ模索しているうちに(実は大して模索していないが)このような絵に落ち着いた。類人猿らしき顔をどう描き出すかに苦労した。使用しているのは、いつも通りクーピーペン、水彩絵具、筆ペン、色鉛筆、黒、青のボールペン。今回は修正液は使っていない。

 今日、あるテレビ番組でT氏と某政党代表との対談を聞いていて、こういうのを詭弁と言うと改めて思った。
 A氏の発言、某政党総裁としての発言と総理大臣としての発言は別物だ、だから憲法改変について某政党総裁として発言するのも自由だし、A氏の指定した新聞を読んでくれ、と言っても法律上は問題がないのだ、と言う。国会という「公の場」で発言したのでなければ、例えば、これはあくまでも極端な例であり彼がそう言っているということでは全くないが、自分がファシストであるとか、女性差別に賛成であると発言しても好いと言っていたように聞こえる。ここまで極端であれば、もっと激しく問われ、問題視されるであろうが。某政党代表の論法は、古代ギリシアのソフィストと同じだと言わざるを得ない。詭弁が通用するような世の中になる(=強弁が通用するようになる)と、民主主義が弱体化される。

nice!(44)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

隠し絵(騙し絵)その2 おい、てめえら、背中の上で遊ぶんじゃねぇ [絵画]

2017-07-16DSCN3508.JPG 久々の三連休。『Her Mother』のDVDを3回見る。この映画については別途許される範囲で紹介したいと思っている。
 どうも、先週は連日の真夏日の酷暑に当ってしまったようで、折角の休みが体力の回復に費やされるという空しい日々。それでも、手遊びに、小さな画帳に線を走らせる。これが、実は一番落ち着くのだ。
 今日も露骨な隠し絵。前回公表した絵には12匹の猫がいるが、この絵ではたったの・・・匹しかいない。隠し絵が、本来最初に見出してくれる線が細いと意味がないと考え、今日は筆ペンを使い、目鼻口の部分は線を太く、強調しておいた。題名は『おい、てめえら、背中の上で遊ぶんじゃねぇ』である。大将猫が昼寝をしている背中の上で、子分や仔猫たちが遊んでいる長閑な風景である。
 猫が寝ている姿は、どうしてあんなにほっとして、気持ちが安らぐのだろうか。
 帰宅する時、車があまり通らない細めの道を通るようにしている。本道からその道へ左折してゆくところに惣菜屋があり、向かい側にはゴミの収集場所がある。そこには、いまでは大分大きくなったが、4匹ほど野良猫が住んでいる。アスファルト道の上に少しずつ離れて坐っている彼らに毎晩挨拶を

するのだが、近づくと必ず逃げられる。近づかなければ逃げはしないのだが。野良猫が取る絶妙な距離。残念ながら、近寄っても来ないし、頭を撫でさせたりもしない。その冷静さ、冷淡さが好きである。
 雨の日には雨宿りをしているために、見かけることはない。
 尚、時々少し大きな動物が道を横切ることがあるが、それは狸である。一度だけ、数十年ぶりだが、鼬を見た。そのシルエット、尻尾の長さから、鼬である。テンほど大きくない。

nice!(38)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

隠し絵(騙し絵)2017-07-09 [絵画]

20170716DSCN3507.JPG20170709DSCN3504.JPG 5~6年前に、何枚か連続して描いていた隠し絵。久々に小さな画帳を見ていて描きたくなって寝る前に描いてみる。今回は、2017年7月9日に描き始め、今日7月15日土曜日に色塗りを終えた絵である。頭から首、肩まで猫づくしとし、一匹ずつの大きさは余り変化を付けないで描いてみる。
 背景の色塗りをしていたら、ゴッホの陽炎のような線が出てきたので、そのまま活かすことにする。別段、ゴッホを意識したわけではなく、結果的にそのようになったので、深く考えずにそのままにする。
 この絵は、女性の肖像画であるが、特定の女性ではなく、手遊びに描いて浮かび上がってきた女性である。猫が溢れているだけだが、その形が女性的なものを感じさせる気がする。意図していなかったにも拘らず、なんだかどうも艶っぽい絵になってしまっている。自分の絵を少し見ていたら、アングルの『トルコ風呂』を思い出し、女性ばかりで描かれたあの絵のような艶かしさを感じる。ひょっとしてアングルのあの絵は騙し絵、隠し絵だったのか、などと考える。が、そうでもなさそうである。
 隠し絵で一番描きやすいのは、私としては植物を使う方法である。好きなように樹木や草や花を捻じ曲げて、描くからである。5年前に小鳥で女性像を描こうとして果たせず、結果的に今回樹木で描き直してしまった絵がある。これは敗北かそれとも妥協かあるいは止揚なのか。^^
<追記>写真にすると線が不明瞭な部分があったので、先ほど改めて線を強調して、白色灯の下で写真を取り直す。光と強調した線により印象が変わったと思う。序でに署名もしておく。(2017-07-17)

nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

舞踏会 2011-3-20頃 [絵画]

2011-3-21DSCN3503.JPG 未完成であるが、既に一度仕舞い込んでいた絵。思い浮かんだ題名は『舞踏会』あるいは『舞踏会への勧誘』。日付を見ると2011年の3月下旬に描いていたらしい。
 日付と記入しておくことはとても大切だと思う。自分が時代の流れのどの位置で、何をやっていたのか知ることができるからである。『獄中記』(佐藤優著 岩波現代文庫)によってもよらなくても「歴史哲学とは後知恵の世界である。現在生じている出来事の意味を理解することは誰にもできない。出来事が終わってから、優れた哲学者がその意味を解明することができるのみである」(p447)その出来事の真っ只中にいる場合、その事となんらかの関係があるかどうかにかかわらず、何が進行しつつあるのかははっきりは分からない。歴史となった事実は、さながら進行形にある台風を、宇宙衛星などから客観的に観察しているように、離れて見なければならない。
 ある出来事が、後年大きな事件に発展したり、歴史を変える端緒になっていたりするが、それは結果的にしか確認されないのである。どんなに賢い人間が正しく予想していたとしても、それは予想に過ぎず、結果が予想に合致して初めてその予想の正しさが認知されるに過ぎない。特に、何が正しいかは別にして、相反する考え方(最低限二つ)に基づく情報が公平に流されないと、一方通行の情報に基づく体制ができてしまうと、これは間違った判断をするためのお膳立てのようなものである。
 奴隷は奴隷であると言う自覚がなければ、肉体的精神的苦しみも、自分が奴隷であることに疑問を感じないだろう。一方的に作られた道徳、思考方法を最初に教育されていて、それをそのまま受け入れる人間であることを幸せと感じる人間もいるかもしれない。生きていられれば幸せ、作られた価値感の中で行動することが幸せと考える人間も多いのかもしれない。
 
 「あっ、ちなみにおいら、自分の頭使って生きてますよ。」と愛犬ホグホグちゃんが言った。

nice!(35)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

低気圧は、気が滅入りますなぁ [随想]

DSCN3502.JPG スケッチ帳のボール紙の部分に、ふと絵盛そばと掛けそばの絵を描きたくなったので、描いてみる。私は、そばと饂飩だと、どちらかと言うと蕎麦派かもしれない。どちらも大好きではあるが。
 このお店手打ちそば処戸隠は、職人が二人おりやす。一人は盛専門。もう一人は掛け専門でありやす。特に掛け蕎麦は、その量が多いことで有名であります。盛蕎麦の方を一とすれば、十くらい沢山入っています。尤も、ここにおいでの兎どんは、常連客ですが、大喰らいですから、いくらでも食べられます。ちなみに、量を優先していますから、味のほうは保証は致しません。もち、まじゅくても、「このハゲー!」とか「バカかお前は!」などと暴言を吐いてはいけまちぇんよ。
 
 嗚呼、支離滅裂、無責任。言葉は共通認識をもとに、双方の意思疎通をすることのできる、人類の最大の発明。しかし、共通認識しているはずの言葉の意味、定義を個人の解釈というよりはむしろ都合で、どんどん変えてゆくのは、これは病的自己中心主義であります。求むお手伝いさんの求人募集よろしく、求む「丁寧な説明」、事実説明
 
 あぁ、低気圧は気が滅入りますなぁ。
 

nice!(40)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

そこんとこ、日曜日(Sonntag)よろしく! [絵画]

2017年6月2日に描いた絵。題名は『そこんとこ、日曜日Sonntagよろしく!』June 2, 2017DSCN3485.JPG。この兎、最近結構登場するようになっているが、可愛い兎ちゃんとは大違い。アメリカの『うさぎどんときつねどん』に出てくる兎のような、悪賢い兎であります。兎ちゃんの好きな人には申し訳ないのでありますが、どうも、この絵では、そうなってしまうのでありますから、ご寛恕のほどを。この絵では、背景がムンクの『叫び』のように、なんだか不安を掻き立てる斑の雲が覆っているのであります。
 私が、こんな兎を描きたくなくなれば、大分暢気に過ごせる世の中になっているということなのでしょう。しかしながら、暫くは、面白いことではありませんが、この兎が衣裳やら人相を替えて登場することになるのでしょうか。

nice!(37)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

無題 [絵画]

20170522DSCN3482.JPG 2017年5月22日に描いた絵。左に犬を連れて帽子を被っているのは私。気付かぬうちに、黒い影絵のような人物を時々描くようになっていた。これは、もう完全に私自身であることが分かった、後から。描こうと思って付け加えたのではなく、必然的にそこに描かれることになっただけである。
 この絵の裸の男は、悪夢のような現実世界でひばしば見る男である。彼の顔は正視できないほど嫌いであるが、正視しないと危険なので敢えて見ているのかもしれない。危険なものから目を背けてはいけませんよ、何をするか分からないからしっかりと監視していなければなりませんよ。不断の努力によって、勝ち取った物は守らなければならないのだから。勝ち取っていなくとも、自分たちが与えられた自由は、不断の努力によって守らねばならない。
 この絵の題名をつけるとしたら『月夜の散歩と性的倒錯者の告白あるいは月夜の巡礼』になるかもしれない。
この絵以外にも、B5判の画帳には、もっと分かりやすい、明々白々な主張の入った絵もあるが、描きこむ気が起きなかったので、色を塗って一度仕上げたままになっている。気が向いた時公開するかもしれない。
 帽子を被った影絵の私の隣にいるのは、愛犬ホグホグである。彼は私にいつも付いてきてくれる忠実な犬である。我が家DSCN3483.JPGでは犬を飼ったことがないが、と言うのはいつの間にか、猫がいつくようになってしまうからだが、実は私は犬の方が好きなのである。犬派と猫派、どちらかと言われたら、私はむかしから迷わず犬派だと答えていた。にも拘らず、犬を飼ったことがない。猫がいるので、犬を飼うことができないような気がするのだ。この程度の犬派なのである。それでも、犬を連れて散歩している人がいると、ついその犬を見てしまう。ちなみに、私は、犬も猫も雑種が好きである。血統書つきのペットは、基本的には好きになれない。人工的な印象がつよいからだ。より自然なものが好きなのだ。
 植物も、観賞用の売られている植物よりも、路傍の野草、野原に生えている野草の方がやはり好きである。単一の植物が植えられている花壇よりも、自生した野草が咲き競っている姿の方が好きだ。子供の頃は、花壇に咲く花が美しいと教わり、実際に美しいとも思ったものだ。食べ物でもそうだった。濃い味、甘い味が好きだった。食材本来の味を楽しむよりは、美味しいとされている濃い味付けのされている物の方が美味しくて食べやすかった。しかし、最近は、食材そのものが持っている味を確認しながら食べる方が楽しく感じる。勿論、濃い味、人工的な味は美味と感じてしまうのではあるが、これは他の人と同様に美味しいと感じる味覚が同じようにできているのだから避けることはできない。
DSCN3484.JPG ギターの練習は、少し時間が減っている。昨日は弾く時間がなかった。技術が落ちているかと思ったが、今日弾いてみたらそんなことはなく、むしろ練習していた部分が僅かではあるが定着していることが分かった。何より、気圧が低くなると、指がもつれ、頭が回転しなくなる。気圧の影響の方が遥かにその日その日の出来に大きく影響する。梅雨の時季は特に好調不調の差が大きく、辛い日が多くなる。
 
 ところで、左の絵の中の男と犬、影絵の男と愛犬ホグホグは、これから描く絵のいくつかに登場することになるだろう。空間の共有者として、目撃者として、証言者として.

或いは私と言う人間ではなく、頭の中で妄想された預言者として。
 今日は、稲城市城山文化センターに行って来た。sigさんが制作された『三沢いきものがたり』(85分)と言う記録映画を見るためである。会場は100人ほどの定員であるが、予約で早々と満席になっていた。私は、当日並ぶことになったが、運よく席を確保することができた。
 三沢川で撮影された風景、植物、動物、昆虫たちがsigさんの愛情を込めて編集されていると感じた。青大将とカラスの決闘なども緊張感のある映像になっていた。また、青大将が道路脇を進んでゆくところを、雀の子供が面白がって飛び跳ねながら付いてゆくところなどは、本当にはらはらしながら見てしまった。自転車が途中でこのニ匹の間を通過したので、雀の子供は事なきを得てほっとしたのだが。コサギたちが20羽位だろうか、塒として使う木があったり。6年間撮り貯めた映像が、ふんだんに使われ編集されて、ゆっくり観察すると町の中にも多くの自然があることが分かる貴重な映像作品だ。

nice!(43)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る