So-net無料ブログ作成
検索選択

A Rabbit Runs, Hops and Stretches兎は走る [youtube]

DSCN3219.JPG 今日は、久々に動画作成。昨晩夜書いた短い音楽を背景に、以前に作成したフェナキストスコープの兎の絵を使って、動画にしてみる。短時間で作っているので、ぎこちない画像のまま。このところ文章を書き、絵は少しだけ、音楽全くは書いていなかったので、少し反動がきた。急いで仕上げる。
 文章の方は、もう少し続くので、動画や音楽はどうなるのだろう、と自分でも思う。


 https://www.youtube.com/watch?v=U-7pG27s9ns&feature=youtu.be


nice!(31)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

弦楽四重奏曲(Etude)より第二楽章 [youtube]

 本日1月2日、Enrique様のブログを拝見したところ、ヴィヴァルディ『四季』の冬の第二楽章が公開されていた。少し早めのテンポで録音されているが、ピツィカートは雨の描写だという解説があった。我が家にもイタリア語の書いてある楽譜があるが、意味を調べてみることはなく、高校時代より、この曲からは雪が深々と降る温かい室内で暖炉の前で寛いでいる様子を勝手に想像していた。ピツィカートの部分は、暖炉ではじける枝の音、或いは湯気を出しているポット。第一楽章のトレモロが好きで、『四季』のなかでは一番好きだった。この第二楽章も旋律が美しく大好きだった。もちろん今でも好きで、バイオリンを練習する時にも、いかにしてビブラートを美しく出せるか、ポルタメントが艶っぽく出せるか意識している。
 Enrique様のこの演奏を聴いていて、学生時代に書いていた弦楽四重奏曲の習作の第二楽章を思い出し、このところ作曲からは遠ざかっていたので、これを機会にとりあえず完成させておこうと考えた。縦笛しかない時に作っていたので、最初は縦笛を使って書いていた。
 この曲弦楽四重奏曲習作第二楽章は、ヴィヴァルディの『四季』の冬、第二楽章に大いに影響を受けているので、演奏する時は温かい部屋、暖炉、何気ない楽しい会話などを思い浮かべて欲しいと思っている。挿絵は、本日零時頃に描いておいた絵で、セロ弾きのゴーシュ風であるが、物語には出てこない場面や動物も一緒に描き込んである。
https://www.youtube.com/watch?v=S9qeCsrCCeE&feature=youtu.be
nice!(32)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

PERCUSSION INSTRUMENTS [youtube]

DSCN3153.JPG久々のYoutube。今日は、今年夏2016年8月30日に描いた絵とpercussion instrumentsのみで録音した音を一緒にすることで作品にしてみる。旋律がないので聴きづらいかもしれないと思いつつ、アフリカやインドの打楽器のみの演奏にも惹かれるので、今後はあれを目指したい。

 https://www.youtube.com/watch?v=48lQhZNgPBo&feature=youtu.be


nice!(39)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

YouTube”Old Witch's Song"『老婆の歌』 [youtube]

 8月9日のEnriqueさんのボッケリーにの記事をみていた。貼り付けてあったYouTubeの2本目の曲が随分懐かしい。その旋律には聞き覚えがあった。考えたら自分が30年前に作曲していた曲8小節が同じであった。姪っ子たち甥っ子たちのために人形劇『ヘンゼルとグレーテル』を上演することにし、そのために台本を書き、人形やバックドロップ、小道具や照明や必要な物全てを作った。その中には当然作曲もあった。10曲ほど書いたうちの一曲である。(ファンファーレ、主題歌、お菓子の家、白鳥、子守歌、白い小鳥、舞曲、老婆の歌、老婆登場の音、グレーテルの独白のBGM)
 Enriqueさんが2曲目で紹介されているのは
https://www.youtube.com/watch?v=PWYv_MWsyBM
Boccherini: Nightmusic from the streets of Madrid
第9番「マドリーの帰営ラッパ」の最終楽章では,奏者がだんだん退場して行くと言うパフォーマンスまであります。

である。私の曲は次のurlで。
big head09-08-23 sunday.JPGhttps://www.youtube.com/watch?v=63IYh6zl5zc&feature=youtu.be

尚、使用した絵は、『大頭と鯨』と言う絵。クレヨン等で描いてある。老婆の絵を用意する時間がなかったので、こちらを使った。

 歌の歌詞は

人間のこどもは美味しいよ
ぐつぐつと煮て食べると美味しいよ
人間のこどもは美味しいよ
こりりこりーこりりこりー美味しいよ

 


nice!(40)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

YouTube『大男の対決』 [youtube]

 随分、ご無沙汰してしまっていたが、何もしていなかったのではなく、実は自費出版の第二弾に向けて原稿の準備をしていたりした。ペン画家のモロさんの方は、特に内容について何の感想もなかったが、『神聖木曜日』の主人公であるN氏は、非常に細かい事実関係にも再度目を通してくれて、3週間に亘って5通の手紙を送ってくれた。その手紙の中には、実際は書かれていることとは異なるけれども、もし虚構として書いているのであれば彼は異を唱えない、と優く表現された意見が書かれていた。しかし、事実は変に頭で拵えた表現よりも強く、説得力があるものだ。だから、受けた指適については殆ど全部、彼の言う通りに変更した。(このインターネットの時代に、書簡でやりとりする、この原始的とも言える手法がとても魅力的だった。彼は直接会って話すことよりも、文章にすることを望んだ。それは正しいやり方かもしれない。十分に考えて書く。書き間違いは、言い間違いよりも大きな間違いである。一般的には、十分に考えなければ、考えは文章に書けないからだ。)
 いずれにせよ、その作業が今日やっと終り、明日郵便で最終原稿を彼に送るのだ。
 面白いもので、N氏の伝記『神聖木曜日』を書いている時は、モロさんから『ペン画物語』に関するメールが余り送られてこない。両方が同時に進行していたら、頭が少し混乱していたかもしれない。
 今日は、一段落し、気分的に少し達成感があった。そこで、YouTubeの作品でも作ろうと思い、フォルダーの中にあるWaveファイルを見たが、どうも大体は使ってしまっていたり、今日作りたいと言う気分にならないものしか見当たらない。そこで、新しい曲を書こうと決めた。この新しい曲は、しかし、新しいものではなく中学校の頃、高校の頃に書いた旋律を使うことにした。
 the silence of the wood.JPG『大男の対決』は『ルトリアの魔女ロサ』(『ルトリア8国物語』第一話)の一つの章である。ロサに魔法使いルピーツが与えた課題の一つ、大男の髪の毛を手に入れること。彼は森を支配する悪党の大男だ。その髪の毛には特別の成分が含まれているので、秘薬を作るためには不可欠なのである。優しくて善良で力は強いが、動きの鈍い大男が、ロサを手伝ってくれるという。悪党の大男に戦いを挑んでくれることになる。音楽の冒頭は朝の森の情景。この部分の旋律は中学校3年の時に書いたものをそのまま使っている。途中から変わるが、ここからは今日全く新たに書き足した。いずれにせよ、途中まで。
https://www.youtube.com/watch?v=G39ANTmVhRc&feature=youtu.be
nice!(38)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Holy Thursday second version 神聖木曜日 第二版 [youtube]

 30年以上前にN氏の書いたedefefgfgeであるが、前回『神聖木曜日』と言う仮題でYouTubeにした。今日は、その編曲を少し変えてみたくなったので、MU2000とVienna Instruments SEのstringsを使って書いてみた。 主旋律は口笛の音に、伴奏は男声合唱と女声合唱。そして、鐘の音も入れたくなったので、最初と最後に入れることになった。
DSCN3095.JPG 画像は、数年前に大学ノートにクーピーペンシルで描いた緑色の服を着た少女の絵。この少女で物語を書く予定だったが、まだ書いていない。この少女は分度器占いが得意なのであるが、・・・あぁ、それからが何も書けない。
 詩は、N氏の大好きな中原中也の『山羊の歌』より『少年時』。井上陽水にも『少年時代』と言う名曲があるが、やはり、夏や少年時代と言うのは、詩人やアーティストを捉えて放さないものなのだと思う。
 ペン画家モロさんのために『ペン画物語』を書くという約束をしていながら、モロさんからは画像や情報などを大分貰っておきながら、まだ冒頭しか書いていない。にもかかわらず、それなのに、先にYouTubeに取り掛かるのは、私のいつものやり方なのである。
 今日は久々にそれなりの量の雨が半日降り続いていたので、植物達が安心していることと思い、私の心も大分落ち着いている。十分に睡眠もとったし。
 だから、きっと、後程『ペン画物語』には着手し、書き進めることになるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=qtLqDs4NX78&feature=youtu.be

 


nice!(54)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Holy Thursday 神聖木曜日 [youtube]

DSCN3088.JPG 出版の第2弾は『モロさんの略伝』と『神聖木曜日』が中心になる。両方とも、ほぼ打ち終わっているが、最後に少し追加しようとしていて、それに時間が掛かっている。職場の方の仕事が落ち着かなかったために、随分妨げられてしまったのだった。
 そでも、なんとか方向だけは決めているので、後は気が向いたら一気に書き終えることになるだろう。
 『神聖木曜日』ではN氏を扱っているが、N氏の書いた曲をどのように紹介したらよいか、迷いがあった。今回YouTube用に作成したのは、歌詞の書き込まれていないN氏の曲である。もう、20年も前に、私はこの曲を少しバロック風にバイオリンの独奏用にして、録音してみたことがある。それをカセットテープにして渡すとN氏は、予想に反してだったが、気に入ってくれた。だから、今回も同じように、しかし音源はもっとよいものを使って録音してみた。題名をどうしようか考えてたが、曲に歌詞がついていなかったので、題名にする手がかりがなかった。結局、彼を紹介する文章の題名と同じ『神聖木曜日Holy Thursday』にすることにした。
 ちなみに、この神聖木曜日と言う題名については、従妹がその由来を知って、胸がきゅんとした、と言ってくれた。私はこの題名が好きだったので、そう言ってもらってとても嬉しくなった。
https://www.youtube.com/watch?v=HPRWmdpSs1E&feature=youtu.be
DSCN3086.JPG 挿絵は、20年前に、自転車に乗って近所を回り、気に入ったものを簡単にボールペンで描いたものである。
 いい加減なところが多いが、懐かしく、それでも記録としてすこし役に立っている。

  尚、YouTubeの最初と最後に出てくる絵は、東京都多摩市永山にある公園の歩道の風景。公園の丘の上にあるベンチでN氏と私は長い時間、あれこれ話をし、その後いきつけの喫茶店へ移動し、話を続けるのだった。


nice!(64)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『その風の瞳』YouTube [youtube]

 今日は、入力をほぼ終えた原稿『神聖木曜日』の主人公である詩人のN氏が作詞作曲をした『その風の瞳』の編曲をし、大分DSCN3067.JPG前にノートに描いて置いた絵を利用してYouTubeに纏める。https://www.youtube.com/watch?v=v1q9rycmreE&feature=youtu.be 
ここに添付している絵自体はCeltic Harpを弾く女性の動画をYouTubeで見た時の印象を少し再現したもので、正しく描けていなかったので今日少し鉛筆、クーピーペンシルで訂正。特に弦については赤いボールペンでフリーハンドで描いていたので、今日は定規を使い真直ぐな線を引き、本物に少し近づける。この絵は勿論N氏の書いた作品とは全く関係がない。YouTubeに出てくる女性の顔の絵も同様何の関係もない。クーピーペンシルと黒インキで描いた女性の絵。私の描く女性は昔からこのような顔になる。それでも、YouTubeで何らかの作品を作ろうとすると、どうしても絵が必要になるので、あれこれ探して、一番相応しい物を選んだ次第。
 『その風の瞳』の歌詞は、実は、未完成だそうである。素朴な旋律の反復なのでオーケストラ版ではなく、ギターとパンフルート版にすることにした。オーケストラ版では、大分編曲が大げさになっているので、恐らく原曲に近いと思われる簡単な編成にした。
 ところで、20年近く連絡の取れなかったN氏であるが、昨年から電話すると出るようになってくれたので、私は嬉しくて仕方がない。N氏が主役になっている『神聖木曜日』なので、彼の話をもう少し追加したいと考え、欠けている部分について情報が欲しいと言ったところ、文章にして送って呉れると言う。これも大いに有難い話で、私がいい加減な記憶で書いている文章が、彼の文章を補うことによって、より正しい内容にし、価値が高まる。また、彼は私の書き上げた文章を読んでくれるというのだ。それが最も大きな喜びである。
 尚、彼の音楽は、既にYouTubeで『カエルの使者』(ねむり姫より)として、私が編曲した物を1曲だけ紹介している。
nice!(62)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

伽童の世界 その1 [youtube]

出版計画第二弾は、一応順調に進んでいる。先週土曜日、立川に行きモロさんに会う。そして、20年も前に書いたモロさんの紹介文の情報として不足していた事実をあれこれ聞き出す。それでも不足している分は、メールで質問を箇条書きにして補っている。
伽童 その1DSCN3050.JPG この文章の中で書いているのだが、モロさんの描いた絵、それに鍋島君が書いた詩、それに私が曲をつけ、画廊で発表する、或いは路上移動展覧会をして発表すると言う計画があった。それは諸事情が合って実現されなかったが。それがどのようなものかを私はYouTubeが使えるようになっている21世紀、その展覧会を実施している予想場面の一部を作ってみた。
 使用しているのはモロさんの描いた絵、鍋島君の書いた詩、私が書いたピアノ曲。私が思い描いていたのは、モロさんの絵を壁に展示し、その隣に鍋島君の詩が張られていて、会場には私の音楽が順番に流れる、というものだった。ピアノがあれば絵と詩の前に立って貰って、生演奏すると言うのも好いかもしれない。
 今では、一部の作品は立体的な作品にしたものも同時に設定されていれば、もっと面白いだろうと思う。
https://www.youtube.com/watch?v=DPNuChM41Mw&feature=youtu.be 

 ところで下記のurlのYouTubeを削除したのは、モロさんに感想を求めたところ、モロさんは静止画の世界の人間だと言うコメントがあったため。静止画であれば、見る側が視点を移動することができ、関心のあるところに焦点を当てて見ることができるが、動画になると、視点が強制的に移動されてしまう、そういうことを意味していたのだと思う。
 それでも削除することもないと言うことだったので、再度上記urlをアップロード。内容も少し変更した。ここに紹介してある全体像の絵が本来のものなのに、動画では拡大図が主となっていて、全体像は最後に少ししか写っていない。詩の内容からすると拡大図が先に来ざるをえないので、今回もそこは変更せずに、全体図の写る時間を長くした。また、絵に詩が被さっていたので、それぞれ独立して目に入るようにページを改めた。
 ある作品の一部分ばかりを扱ってしまうと、見る側の嗜好、考え、偏見などが入ってしまう。このように他者の作品を基に何かを作ると言う行為は、自分一人で作っている時は気付かない視点があるので、大変勉強になると思う。(2016-4-29追記)

https://www.youtube.com/watch?v=CqOYeaNpZIY&feature=youtu.be


nice!(48)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

YouTube Hyakki-Yagyo 『百鬼夜行』 [youtube]

https://www.youtube.com/watch?v=kEiElaZSrew&feature=youtu.be

 大分前にMU2000の音源で一度書いた交響詩『百鬼夜行』があったが、どうしても納得できないとことがあるので描きなおすことにした。それが記録によると昨年2015年の5月5日となっている。完成するまでに半年も掛かってしまったのは、途中で放置しておいたからである。既に完成していたのに、今度はなかなかwaveファイルにしない、総譜を印刷しない、ずっとそのような状況であった。そういう纏めの作業をしようとすると、その前に何か新しいものに取り掛かろうと言う気持ちが起こってくるからら。とは言いつつ、作りっぱなしにしておくことも、新しい作品のため過去の作品を参考にしようと考えた時、長い時間を掛けて探し回ったり、古いものなのにも拘わらず新しいものを発見したような気分になって喜んだりすることになるので、効率的ではない。整理は何をする場合にも大切な作業である。
DSCN3013.JPG 今日作ったのは、昨年完成していた交響詩『百鬼夜行』(14分)と未完の絵『百鬼夜行』を一緒にしたYouTube用の映像である。絵の方は、まだ細部をしっかり描きこんでいないので、もう暫く掛かることになりそうである。
 絵の『百鬼夜行』は、別の版を新たに数種類描くことになるのかもしれない。これは、世の中を描くには格好の題材である。妖怪を作り出すことも出来るし、そのようなことをせずとも現実にあちこちの分野で跋扈している妖怪を描けばよいのであるから、画材はある意味無尽蔵にあるわけである。
 今日は午前零時半頃、生まれて初めて初詣の人々を観察に、近所の神社まで妻と一緒に行った。かがり火が4箇所焚かれて、部分的に照明が点され、屋台が出ていた。一つの屋台では達磨が売られ、達磨が売れると拍子木が数人の男達によって打ち鳴らされる。酉の市の熊手が売れた時の様子に似ている。もう一つの屋台では甘酒が振舞われていた。明るい電気のついた社務所には巫女さんが窓口にいて、おみくじを販売している。神社の前には20メートルほどの列ができていて、順番に鐘を鳴らして手を打っている。

nice!(70)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る