So-net無料ブログ作成

東海道五十三次絵 庄野 歌川広重風 [youtube]

DSCN3794.JPG 左の絵は、短編映像作品『エリザベ(仮題)』の後半に使用する積りで描いた歌川(安藤)広重風の絵。風と言っているが、不正確な模写である。B3判の画用紙に水彩絵具で描いたものである。昨日、大晦日の夜に完成させる。
 音楽の方は練習Exerciseシリーズ(むしろ組曲というべきか)の第4曲の三分の一ほど。広重の雨の描写が大胆で好きなので、この絵になった。『エリザベ』では写楽の歌舞伎絵も出てくると思う。勿論、描き直すので写楽風の絵となる。
 『エリザベ』とは関係なく、どんな画像になるか、音楽を付けるとどのようになるか確かめる為に、youtubeにしてみる。
 『ジブリの哲学』(岩波書店)の中で、鈴木敏夫氏が加藤周一から江戸屋敷には設計図がないが西洋建築では全体像から入ってゆく、という説明をされたことがあるそうである。とても納得できる視点だと思う。私は中学生の頃、恰好の良い鶏小屋を作りたいと思い、材料を買ってきて庭の一角に作り始めた。それは北海道の我が家にあった鶏小屋とほぼ同じ作り方。屋根の下には柱が立っていて、高床式の寝床があり、下の部分は土間でそのまま地面になっているので蚯蚓や昆虫がいればつついて食べることができる。土間が狭いと思えば、金網を買ってきて増築。二回くらいしたような記憶がある。これは、実に日本人的な作り方だった。この考え方は、木を見て森を見ずという偏狭さでもある。
 パソコンソフトでACCESSを使う時には、慎重に完成予定図を考えなければならない。後であれが欲しい、是が欲しいといっても追加はできない。一方EXCELであれば、どんどん追加してゆくことができそうな気がする。両方一長一短がありそうだと思う。どちらかが絶対ではない。油絵では何度でも上塗りができるのに、水墨画は一回勝負である。
 自分の創作方法はどちらかと言うと、やはり日本的であると思う。と言いつつ、構想を練っている時には、漠然とはしているが完成予定図があることはある。それに近づかないと、何度でも作りなおすことになる。




nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:アート

「そこを行くのは、エリザベ?」のための習作 [youtube]

DSCN3785.JPG 『そこを行くのはエリザベ?』という題名にしているが、根本的に変える可能性もある。単に『エリザベ』だけになるかもしれない。原作『ペン画物語』から逸脱しすぎているので、もうこれは全く別の作品と考えた方がよいのではないかと考え始めているような次第。
 昨日12月30日の土曜日は、近所にあるDaisoに行く。滅多に行かないのだが、妻がいろいろな物があって面白いよ、と言うので行ってみる。ちょっとした小物を買いたかったからでもあるが、一番の目的は、映像を作成する際の小道具として使える部品があるかどうか下見することであった。
 結果として、左の写真にある写真立てやらコルクボード(30×30センチ)やら植木用の緑色の鉄棒(緑色のプラスティックコーティング)など、役に立つ物がいくつもあった。
 左の写真立ては額縁は白木だったので、ペパーミントグリーンに塗った。額縁に模様を描き込むことも考えたが、今日のところは色だけにしておいた。入っているのはアンネ・フランク(エリザベ)の絵を、少し縮小して印刷した物である。
 切り絵などでアニメーションを作る際に非常に難しいのは、基本の位置を維持したまま、一部を少しずつ動かす作業である。今回福笑い方式で作成しているアニメーションの方は、撮影時の色が変化したり、部品に陰ができたり、問題ばかり。こういう作業は練習をしないと上手くならないので、何度も試行錯誤を繰り返し、それなりの作品に仕上がることを目指している。
 音楽はExercise第二シリーズの一曲で題名は『ルスカヤ』。大晦日なので、明るく楽しそうな曲を選んだ。実際にこの曲を『エリザベ(仮題)』に使うかどうかは決まっていない。
 https://www.youtube.com/watch?v=KDaH8MwMF_o

nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

Ah, vous voilà, Elizabeth! [youtube]

SSCN3724.JPG 『そこを行くのは、エリザベ?!』Ah, vous voilà, Elizabeth!の第二弾。音楽も絵も同じ。しかし、今回は主人公の男性の紙人形とボサ(草叢)と花の大道具を作ったので、その中に紙人形を置いてビデオ撮影してみる。この映像作品は7分くらいになると思っているが、どうなることやら。今日取ったビデオはたった1分少しで137MBになってしまったので、いよいよ新しいPCを買って作業をしなければならないことがよく分かる。Youtubeにアップロードする段階で26MBに圧縮されていたが、動画と言うのはやはりスペックが大切だ。

 それにしても、映像と言うのはちょっとした思い付きでできるものではない。そんな当たり前のことを改めて痛感する。背景用の大道具も、大きさは小さいけれどももっと沢山用意しないとボロが見切れてしまう。ビデオの中に、本やイーゼルが映りこんでしまっているのは、今はまだ実験段階なので、愛嬌で済むが、本番ではやり直しになる。

 今回実験したのは、ボサの後ろに置いた紙人形で画面にどれだけの変化、つまり静止画と異なった変化が感じられるか。大差ないのであれば静止画の方が手振れしないので画像は綺麗になる。絵コンテで描いた場面によれば、パリの地図、エコールデボザールの建物、画材店のショウウィンドウ、画材、棚等等、作らなければならないものが矢鱈に沢山ある。これはしかも前半部分。後半には別の風景が必要になる。だから、どうも直ぐには手が出せない。少しずつ着実に作ってゆくしかない。
 この作品は、紙人形、それも動かず、設置された物をカメラが移動することで、動きを感じさせるという方法をとることになりそうだ。一部実写をいれるのは、後日のことになるだろう。紙人形で作った作品が少しでも面白ければ、実写を一部いれるのもよいかもしれない。
 このように、思いつくままにだらだらと書いてしまうのは、迷っている証拠である。嗚呼!



nice!(38)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

『そこを行くのは、エリザベ?』(『ペン画物語』より) [youtube]





今日は、計画している映像作品の練習その1。モロさんをもとにして書いた『ペン画物語』の一場面。エコール・デ・ボザールの近くにあったという画材店。そこの若い女店員に、モロさんは仄かな恋心を抱いた。その場面を、シュルレアリスト風に映像化するのが目標なのだが、肝心の編集ソフト、大容量のパソコンも未購入。照明機材、カメラ、その他もろもろの機材、道具が必要である。


この映像作品は、長さとしては10分以内の作品にしようと考えている。頭の中では絵コンテまでできているが、台詞はまだである。

SSCN3724.JPG

nice!(41)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

映像作品のための習作『ロシア風音楽にのって』 [youtube]

DSCN3636.JPG 今日は、9月4日に書いておいた曲を、この一つの旋律に絞って書き直した。ロシア風の映像用に作った曲なので、画像もロシア風に今日描いた。猫も、前回の青猫では合わないので、ルバシカを着て、コサック帽を被った猫にした。いつもは目が見得を切っているが、今日はロシア風ということで妥協。
 場面を転換する度に、これが映像作品の監督仕事なのだと改めて思う。いつも短時間のうちに、取り込んだ写真を次々に貼り付けて作り上げているが、今後はよく考えてからにするようになるだろうと思う。
 新宿には、「ばんやきぼるが」と言う居酒屋があり、入ったことはないが、その煉瓦の壁と店の外から見える店内の様子がとても魅力的だと思っている。(以前も言及したことがあるが)あの煉瓦の前で、何か一つのショットを撮りたいと思っている。他にもそんな風に感じさせる場所がある。法政大学の市ヶ谷キャンパスの食堂や生協のある地下への通路。あそこは、ロシア文学の臭いがする。他にも横浜の六角橋、大船の商店街など、ロケーションとして絵になる。自分なりのロケーションなので、こういう場面は無数にあり、個々人によって異なるだろう。

 いつになるか分からないが、モロさんのフランス時代の一場面(画材店のエリザベとの淡き恋)を、先ずは簡単な映像作品にして見たいと思っている。


nice!(30)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

『休日(暖かい国のように)』 [youtube]

DSCN3626.JPG 友人のホーカッサン君が高校生時代に書いた旋律を元に、少し拡張して編曲した『休日(暖かい国のように)』。
 彼はこういう素直な旋律をいくつも書いた。一方、私はいつも少し捻くれた旋律だった。
 考えてみると、面白い。私はクラシック音楽が断然好きだったが、彼はポピュラー音楽も好きだった。今では私もポピュラー音楽の中にも、沢山の名曲があると思うが、当時は関心がなかった。
 左の写真は、我が家の猫君、@M君(アトム君)。気温が下がると俄然人懐こくなり可愛くなるのである。
 隣の家のMay君と喧嘩するのが趣味。May君は強くないのに、我が家にやってきてはアトム君にチョッカイをだしてはうーうー唸るので、五月蝿いったらありゃしない!時々アトム君が可愛がってやろうと近づくと、それこそ空がおっこちてくるぞ、みたいな大声を二匹で上げるので、君達いい加減にしてくれ、と仲裁にでる。どっかとどっかの国も、威嚇ごっこをしていて、世界を騒がせているが、もう、本当にいい加減にしてくれ、と叫びたいところである。
 今回使ったのは、アトム君の写真と、我が家の壁に貼ってある世界地図。


nice!(33)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

Youtube『タンゴ 冬の日』 [youtube]

 DSCN3595.JPG先週は友人Hokassan(ホーカッサン)君から数十年前に貰っていた未完成楽譜から『南国』と言う曲を完成させたのだったが、今日は完成曲『冬の日』をタンゴ版で完成させた。原曲は20小節を二度繰り返す1分ほどの曲である。出だしに数小節追加し、中間部を書き足したら、4倍ほどの長さになった。3部形式で、ABA’。
 最初は、そのまま小オーケストラで演奏させてみたのだが、タンゴにするとなかなか良い曲になりそうだと感じ、手を加えてみた。




写真は、『南国』で当初使おうと思っていた写真。青猫がどうも音楽の印象に合わないので没にしたのだったが、今日使った写真は1MBを越えていてアップロードできなかったので、文字だけだと殺風景なので、とりあえず使用。

nice!(37)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

Youtube 『南国』 [youtube]

DSCN3585.JPG

https://www.youtube.com/watch?v=oQaUskI0oaM

 私の中学校からの友人ホーカッサン君は、彼が高校一年生時代に書いて、私にくれた短い作品のことをすっかり忘れていた。8小節しか書いておらず、未完成の曲なので忘れてるのも不思議はない。彼がくれたの手書き楽譜には『南国』と言う題名がついていて、ギターが伴奏で縦笛が主題を歌うようになっていた。
 今回、ギターや縦笛の音を使って編曲を始めたのだったが、どうも自分には馴染まないので通常の小オーケストラ編成にし書き進めた。彼に南国とはどこを思い出して、思い描いていたのかと尋ねると、当時のことだから彼の友人が宮崎県に転校して行ったので、彼に会いに行った時の印象ではないかと言う。
 実は音楽を書き進めてゆくうちに、なんだか琉球旋法になってきてしまったので、宮崎県ならば関東地方よりも沖縄に近いからいいか、と安心した次第。宮崎県の観光地の写真を参照し、ソテツの立つ丘があったので、それを参考にして急いで背景の絵を描く。ホーカッサン君がこのような場所に行ったのかどうかは知らない。
 詩を引用しているが、これは佐藤惣之助の『琉球諸嶋風物詩』で、琉球語法を生かして、奇妙な新しい作品を発表していた、と伊藤整が『若い詩人の肖像』の第一章『海の見える町』で書いていたのがずっと印象に残っていたので、このYoutube作品では使わせてもらった。



”Her Mother”初日9/9の記事についてのお詫び:

お読み下さった方々、コメントをお書き下さった皆様へ

あの記事については、一部変更したほうがよいとの指摘があり、一旦削除しました。原文は保存してありますが、出勤前の時間がない時に急いで処理をしたために、コメントについても削除されてしまいました。
あの記事は再度初日の様子として戻すつもりだったのですが、体調もあまり良くなかったために、そのままにし時間が経過してしまいました。失礼の段、ここにお詫び申上げます。

nice!(28)  コメント(6) 
共通テーマ:アート

『空中ブランコ』YouTube [youtube]

DSCN3550.JPG 従妹の書いた詩『空中ブランコ』に曲と絵をつけてYoutube作品にしてみる。この詩はなぜか、少しだけヒエロニムス・ボッシュの描いた卵を連想させたので、それを思い出しながら卵型のサーカス小屋を描いてみる。実際にこのような形のテントがあっても、客席の数は極限られてしまうだろうけれど。短い詩は下記の通り。


空中ブランコ


ひとつの時間が手に入ると

ひとつの記憶が途切れていく

わたしは

白い卵のテントの中で

空中ブランコに揺られながら

宙に散る何億もの細かい羽を

かき集めている

もうじき卵の殻が割れると

わたしは

テントから弾き出され

新しい羽と

新しい記憶を持ち始める



 果たして、この絵と音楽がこの詩に合っているかどうか、疑問である。が、別段気にしないことにしている。

nice!(32)  コメント(4) 
共通テーマ:アート

YouTube 三月の停留所 [youtube]

DSCN3519.JPG従妹が書いた詩に、今年3月下旬に書いた曲をつけて、Youtubeにした。
詩の題名は『三月の停留所』
Youtubeに使った写真は、作成直前に撮ったものだが、最初の猫の絵画刻まれているのは先代の郵便受け。今は、1.5倍ほどの容量のものに作り変えてある。その後に出てくるガラス瓶に差してあるのは楓の実。白樺の枝で作った犬は、大工の義兄の作品。その後連続して出てくるのは、栗の里の愉快な女房殿が集めた人形達。我が家の玄関に飾ってあり、毎日お出迎えをしてくれる。
Youtubeを見た後、従妹は、この玩具たちを気に入ってくれたらしい。ブースカだらけ、玩具の森。アトムクッキーの円柱の箱もたまたま置いてあったので、こちらも撮っておいたのは、勿論「アトムが眠っていた木の引き出し」と言う表現があったから。白熱電球の明かりのため、全体的に赤い色になっているのも、実は、私の趣味に合っている。青白い蛍光灯よりも白熱電球の方が、暖かみ、家庭的な空気を感じられてすきなのだ。


nice!(47)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る