So-net無料ブログ作成
検索選択

キリコ風 その1 [絵画]

 この絵を描いていたのは9月20日頃。遠近を強調し、その中に日常見ることの無い情景を描いて風景に仕上げる、それが今回の描き方である。通勤途中の電車で、一連の奇妙な生き物の絵を三枚ほど描き、帰宅後スケッチブックにもう一度描く。そのよ20160920DSCN3113.JPGうな作業を何回もしていた。何のために、何を描きたくて、そのような目的は何もない。ただ、手が動くままにしておく。塗りたいように、色を塗る。その作業が数日連続した。最初は孤独や疎外、或いは虚無感、空しさ、無力感などを描こうと思っていたのだったが。静寂、無音の恐怖、見えない何かに対する漠然とした怒りなど、日々の感じたことも同時に反映されているのだろうと思う。
 それでも半ばは、意識していたのだった。キリコのような絵、シュルレアリズム風の絵、キュビスムのような絵に惹かれて、描いて見たいと思ってはいたのだった。しかしながら、決して、模倣ではないものを。自分が何に惹かれているのかを考えながら、また考えずに。
 出版計画については、大幅に計画の変更をすることになるが、ぴたりと止まってしまっている。一旦計画を中断し、他の作品の選び直しをしている旨を連絡したが、出版社からは忙しいのか、なしのつぶてである。腹を立てたのかもしれない。一度送付した物を中止したのはこれが二度目だからである。
 計画を中断してからだろうか、風邪を引いてしまって、体も頭も思うように動かない。それが悪循環になり、出版以外のことも、あれこれ決めていたことがどれもやり掛けになり、進んでいない。
 
 ロボット猫が、歩く、歩く。女性は、歩いている男の背中に声を掛ける。彼方にはパラシュートで降下してくる者がいる。時間は昼下がりだろうか。場所は、街の真中、こんなに単純な風景は見たらない。しかし、私の頭には丸の内の一角が目に浮かんでいるのだ。既に再開発で大きく変わってしまった風景が。人々が目的を持って忙しげに歩き回り、自動車も頻繁に脇を通過してゆくのに、私にとってはそれらは存在しないに等しい。余りに自分に無関係だからだ。無関係であると、さながら砂漠にいるような、関係のあるものが真空に吸い取られてなくなってしまうような孤独を感じるのかもしれない。森の中を歩いている時とは正反対の感情かもしれない。
nice!(36)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

制作中『あんたが大将あるいは悪いのはお前だ』"I'm always right" or "You are always to blame" [絵画]

 制作中20160214DSCN3035.JPG先週、3つ新しい作品の制作を始める。『焦燥感』(仮題)と『あんたが大将あるいは悪いのはお前だ』、もう一つは題未定、である。『焦燥感』はこのところ次々に進行しつつある政治的、経済的変化に対する私の心理を絵によって表現したものである。この作品は白黒のみで描いている。大体出来上がったような気もするが、まだ完成させることができないので、次回以降に公開予定。
 代わりに『あんたが大将或いは悪いのはお前だ』の下絵に今日は背景の色を塗った。例の雄鶏とっつあんが、能天気に走り回っている絵だ。この馬鹿な大将にほれ込んだ子分のヒヨコたちが嬉しそうに追随しているのだ。摺りこみされている、洗脳されているに近い状態である。
 ヒトラーについての本を読んでいるが、不安や熱狂的な愛国心を煽られると集団ヒステリーが起こるようである。第一次世界大戦後は、多くの不安要素があった。それを巧みに利用し、自分の都合の好い論理に置き換えて民衆を扇動したのがヒトラーだった。子供の頃に読んだ物語に、ある噂の為に村中がパニックを起すという内容のものがあった。どこからでた噂か、近々地球から空気が無くなると言う。空気が吸えなくなったら皆死んでしまう。村の子供達は大騒ぎ。金持ちの子供は空気を確保するために、自転車のチューブを体中に巻きつける。しかし、貧しい子供達はそのようなことができない。子供達は不安に襲われる。結果的には、それは根拠のない噂だったと言うことが分かり、自転車のチューブを巻きつけた金持ちの子は皆の笑いものになった、と言うような話だったと思う。
DSCN3038.JPG 今日、この絵『あんたが大将あるいは悪いのはおまえだ』に色を塗りながら、あれだけ世間を騒がせた政権の寿命も短いのではないか、と言う微かな希望的予感があった。正しい予感のような気もするのだ。なんとなれば、アメリカの大統領候補選挙などでも、今までのアメリカでは見られなかった現象が起きているからである。もし大統領になった時には、TPPは批准しないと明言しているバーニー候補がヒラリーを上回る得票を得る州もあり、脚光を浴びているからだ。それはニクソンとマクガバンの大統領選挙の時のような泡沫的なものなのかもしれないが。また、日露戦争の頃であれば全く裏でどのような駆引きやり取りがなされていたか一般庶民は見当もつかなかったようなことが、21世紀の世界ではインターネットに公開されている情報から、かなりの精度の高い情報が入手できるからだ。(例えば、アメリカで遺伝子組み換え食品の表示を義務化するようモンサント社の株主総会で主張すると、株主の95%が反対すると言う。コンプライアンス重視の会社として国民の健康を考えれば、公序良俗の観点から賛成せざるをえないにもかかわらずである。その大株主は、実は個人ではなく投資会社だったのである。利益を追求する投資会社(Vanguard Group Inc.FMR,LLCほか。彼らの運用資産は2兆ドル、3兆ドルもある)であるがゆえに、アメリカ国民の健康など考慮に値しない訳である。これで状況については納得。)
 先週下絵を描いている時には、この絵は『あんたが大将或いは俺について来い!(レミング)』のような主題を考えていた。放った筈の三本の矢もばらばらに自分自身のマストに突き刺さっている、にも拘らず自分の正しさを呪文のように唱え続ける雄鶏とっつあん、その姿に憧れて追随する子分のヒヨコたち。
 しかし、今日はそのような悲観論は退き、もっと楽観的になっている。彼らは画面から退場しようとしているのである。だから将来に、未来に希望を持っている。その希望が本物になるためにも、まずは参議院選挙の野党共闘は不可欠だと思っている。
nice!(60)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

絵 ”Hey, guys! Where are you going?” [絵画]

今日は、絵付きの心象スケッチ。
20151129 Hey, guys! Where are you going DSCN2985.JPG題名は『おい、皆!どこへ行くんだ?!』

「希望の光」に満ちた光景
俺は感動した

我先に
ではなく順番に
それでも追い立てられるように
右の方角へどんどん行進して行く
昆虫ならぬ4つ脚の生き物
世界のあちこちで見られる光景なのかもしれない
目玉も触覚も皆同じ方角を向いている
どうして、周りを見渡さないのか
そういう疑問は愚の骨頂さ
そんな野暮なことを言っちゃあおしまいよ
皆の目は真剣そのものさ
皆が皆、活躍できる社会だからね
活躍が保証されているんだからね
何?具体的に言えだと?
馬鹿なことを言いなさい
各人努力すれば、無限大の可能性があるじゃないか
無限のものを列挙するなんて
そんなもの挙げていたら、死んでも終わらないぜ

いいかい
頑張らない奴は愚か者さ
年齢も性別も
生まれた境遇も経済力も
そんな言い訳は聞かん!
言い訳は大嫌いだ
尤も、俺達は多少裕福かもしれないが
カップラーメンは300円くらいかな?
まあ、安いもんだ
珈琲も一杯1500円くらいだろう?
そんなもんでも食べて頑張れば
諸君は活躍できるのだから
そして、もっとまともなものを食ったり飲んだりできるんだ

私には、何だかこの虫のような生き物の靴音が聞えるような気がする
そして大兄弟の声が
この生き物の背後に響いているように感じる
nice!(61)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

絵 2015-11-28 [絵画]

20151128DSCN2977.JPG 一週間ほど前に線を引いておいた絵に今日仕上げを施す。色鉛筆、水彩絵具、クーピーペンシル、黒のボールペン他。無題。私は目標なしに絵を描き始めることの方が多い。抽象的なものが多いのでそのようになるのだと思う。抽象絵画は具象的な絵画とデザインの中間にあるのかもしれない、とふと思う。
 ところで、先日、NHKを見ていて、尾形光琳がどのような人物であったか少し分かった。俵屋宗達の『風神雷神』屏風に大きな影響を受け、模写をした。何と上からなぞったようである。にも拘らず、それ故に、当然ながら宗達の絵には全く及ばない。
 翌日職場で、この番組を見ていたK先生にたまたま遭い立ち話をした。この点について考えが一致した。彼は尾形光琳の展覧会に両方と酒井抱一の3作品が比較されていたのも見てきたとのことだった。二番煎じとはよく言ったもので、幾ら真似をしても、原物の迫力、味わいが希釈されてしまっていて、既にある作品を超えることは不可能に近い。尤も、光琳の『紅白梅図』は、天才的なデザイン感覚を感じる。彼の仕事がデザイナーのものであると言う点でもK先生と見解が一致している。
20151128DSCN2983.JPG 意味は後からついてくるものなのかもしれない。
 ダニエル・タメット著『ぼくには数字が風景に見える』(講談社文庫)を読んだ。著者はアスペルガー症候群とサヴァン症候群を持つ男性である。彼の話を読んでいて、自分にもほんのちょっとだけ当てはまるところがあることが分かり、非常に興味深かった。私には特に色がついて見えるわけではないが、土曜日の午前中は紫色であると感じるし、ある言葉に色がついていても不思議ではないと思うからだ。子供の頃毎晩のように同じ夢をみたりしたのも同じだった。ダニエルの感じた孤独、他者の論理を直ぐに理解できないところ、パニックを起しやすいところなど、私の物は大幅に希釈されてはいるが共通しているようだ。自分にどのような傾向があるかを事前に知っておけば、社会生活も大分楽になりそうだ。
 尚、2013年以降、アスペルガー症候群、自閉症は「自閉症スペクトラム障害」と言う名称の下に統合されたと書かれていた。
nice!(39)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

三権分立の妄想 [絵画]

 SSCN2976.JPG今日の絵には『三権分立の妄想』と言う悲観的な題をつけてしまった。三権分立は国家が法治国家であり国民主権であるための基本条件であるが、それが危うくなっているからである。スサノオノミコトはヤマタノオロチを退治するが、その八俣大蛇は胴体一つに八つの頭と尻尾、身体には苔と樹木が生えと言う化け物である。ここにいる三つの頭を持った化け物は、爬虫類ではなくむしろ鳥類である。三つの頭は口からは放射能を吐き出している。胴体が一緒なので、彼らは一心同体なのである。
 実は、先週パリで起きたテロリストによる同時多発テロによって感じた心境を絵に描き始めたが、下書きの段階で時間が掛かることが予測されたので中断したのである。代わりにクーピーペンシルをもって画帳に向かっていたら、この絵になってしまったのである。
 そして、私は知っている。この『三権分立の妄想』であるこの怪物はもうじき消滅するだろうということを。それは楽観的な予測かもしれないが、きっと今の日本から姿を消すことになるだろう。なんとなれば、いてはいけない存在だからである。21世紀と言う世紀は、20世紀の負の遺産を引き継いではいるが、インターネットと言う情報網が世界中に張り巡らされていて、正しいことを知ろうとする人間については、この怪物が存在してはならない怪物であることを認識できる世の中になっているからである。
 
※私は使用している音楽ソフトの関係で未だにWindows XPを使用しているが、Yahoo!メールではその一部が11月25日以降使用できなくなると言う警告が表示された。昨晩、慌ててoutlook expressに乗り換えたところ、送信ができない。昨日から随分落ち込んでいたが、今日あれこれ検索していると対処方法がウェブ上に書かれていた。本の数年前ならば、完全に諦めていたようなことが、ウェブ上の具体的な情報によって解決できるのである。
nice!(55)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

2015-09-19 『暴走する乳母車』 [絵画]

SSCN2885.JPG 『2015-09-19暴走する乳母車』この絵には結局2015-09-19と言う日付が必要になってしまった。今年の5月にこのB2判の絵を描き始めた時には、不安だけだったものが、日が経つにつれてより現実的なものになってきている。
 情報は一方的に流されれば、それが事実であると誤認されたままになる。健康に害のあるものも、そうでないと主張する権威者を金銭で抱き込めば、その主張をマスメディアで連日喧伝することによって、SSCN2887.JPG仮令身体に毒であったとしてSSCN2883.JPGも、積極的に勉強しない人々は、それを無害なものとして使い続けるだろう。そして後年、結果的に病人が続出し、被害が顕在化して、虚偽の主張が抑えきれなくなった時、その毒の生産者と権威者は新たな事実SSCN2886.JPGが出てきたことによって学説が変わったと説明し、発売時にはその事実は検証しようがなかったのだと言って、自分の過ちを認めない。そういう事例もあるだろうが、害を過小評価させることによって被害が大きくなることは多い。
 反省しない大人が増えると、子供は反省と言う概念が理解できなくなる。嘘ばかりつく大人が増えると、嘘をつくのが世の中の慣例なのだと子供は考える。これは絶対に守ろうと皆で決めて約束を、自分の都合によって破る大人がでてくると、絶対に守らなければならない約束など存在しない、そんなものはいつでもでまかせで作り出すことができるものだと、子供達は考えるだろう。大人たちが、武器を作ったり提供したりすることは、武器なしに復興活動することより積極的な貢献なのだと主張すれば、子供達はもっと沢山の武器を輸出すべきだと考えるだろう。「敵」を沢山殺すことが出来るし、土台とても儲かるから。敵と呼んでいる人々がどのように暮らし、考え、教育をうけたかを考えもせずに。誰が、いつ、何故、敵と呼び始めたのかも考えずに。
 今回の絵には、ある人物のポスターが長期間にわたって家の壁や金網の柵などに単独であるいは連張りされているのを見かけ、選挙期間でもないのに、何の意味があるのだろうと訝しく思ったその印象がそのまま入っている。私は昔からこういうポスターが苦手である。右であろうが左であろうが、洗脳的な、強制的に残像を残そうとする手法が嫌いである。
 このポスターの悪夢と、子供を利用して、子供を前面に押し出してくる人間のあつかましさをこの絵の中に込めたかった。何の罪もない動物達は、その勢いに押され、逃げ惑う。
 今日は仕上げとして、鞭を振る赤ん坊たちの顔に髭を描いた。勿論、これはポスターの男の顔と連動している。
 あぁ、それでも希望の光はある。この絵の中にはないが、現実の社会では、希望の光が見えてきた、と思う。無言でいるかに見えた若者たち、家事に、子育てに、子供の教育に忙しく世の中に疑問を持たなかった、或いは持っていても発言しなかった人々が、ゆっくりと余生を過ごすものと考えられていた人々が、声を上げ始めたからである。
 人間が人間らしく生きてゆくためには、社会は平和でなければならない。そして、平和である為には、相互理解とお互いの譲歩が不可欠である。自分たちの利益のみを守ろうとすることがそもそもの争いの原因である。混んでいる道も、譲り合ったほうが流れが滑らかになる。何よりも譲り合うことで、心が温かくなる。
 つねに正しい情報が必要である。事実を独占秘匿することは許されない。

 鼓腹撃壌。これが私の一つの理想郷である。
 
nice!(67)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

制作中-『百鬼夜行』 [絵画]

 このところ幾つかの計画を立てながら、それらしき成果もなかったために、記事の更新も滞っていた。
SSCN2873.JPG 今日は、一週間前に鉛筆で下書きをし描き始めた『百鬼夜行』の絵。これはB5判で一度描いたことがあるが、こちらは画面が小さく、手を加えるのが難しく完成度が低いため、もっと大きな画用紙で細部まで描きあげた作品を制作することにした。大きさはB2判。今後は私の制作の標準は、この大きさになる可も知れない。小さな手帳などにも描いてはいるが、自分は細密画は苦手だと思う。
 この絵を描くために以前は途中で放置してしまった『日本妖怪変化史』江馬務著(中公文庫)を読む。日本にはいろいろな妖怪や変化がいる。妖怪と変化の違いも初めて知り、鬼に対する解釈も時代を追って変化していることも知る。変化にもいくつもの種類があり、人間が他のものに変化する場合、動物、植物、器物が人間や他のものに変化する場合もある。
 変化するという能力に人間は恐れと憧れを持っていたのだろうと思う。その気持ち妖怪や変化を生み出すのではないだろうか。そして、この恐れや憧れは人間らしくあるためには必要な感覚だ。何でも科学で論理的に判断してしまう、そのこと自体が傲慢で尊大であり、科学的な姿勢ではない、そんな風に感じる。圧倒的なものの前には謙虚であるべきだ。人類が分かったと思っているのは、僅か一部でしかない。だからすべてのものには、自分は充分に理解できていない計り知れない能力が隠されているのだろう、と考える人間でいたい。実際、すべての分野で他者に秀でることは不可能である。そんな人間はお目にかかったことも聞いたこともない。
SSCN2876.JPG ところで、今回の絵に登場する変化、妖怪たちは時代を超えている。ろくろ首などは比較的最近の江戸時代に登場してきたようだが、それ以上に新しいのは私が勝手に描き足したある著名な化学者の首である。ネクタイには名前が書いてあるが、知る人と知る、悪名高き企業の研究者だった人物である。悪魔、凶暴、無慈悲、人非人などと言う言葉があるが、その言葉を生み出している人間には悪魔以上に悪い者、野生の動物など比較にならないほど凶暴で無慈悲な者もいる。勿論、拝みたくなるほど素晴らしい立派な人々もいるが。
 色が塗りかけのため、濃さがまばらで、牛車の装飾なども描き込んでいない。もう少し時間が掛かりそうだが、なるべく早く完成させたい。

nice!(54)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

挿絵『白猫、自身を語る』yuyaさんの物語より [絵画]

 今日は、前回の記事のコメントでKannaさんよりリクエスト頂いたので、気をよくして早速挿絵を描いてみました。これはKannaさんのお友達のyuyaさんが書いた短い物語の一場面のために描きました。と言っても、最初に描かれたKannaさんの選んだ場面を私も選びました。そうした方が、個性の違いがでて面白いだろうと考えたからです。yuyaさんの確認を取っていませんので、彼のページurlはここではご紹介いたしませんが、検索されれば御覧になれると思います。
白猫、自身を語る20150822.JPG 絵ですが、浮浪者の家の中です。草木に隠れた廃墟のプレハブなのですが、家の中は物語では絨毯が敷かれていたり、柄付きの皿が飾ってあったりして、結構お洒落な感じで描写されています。色鉛筆を持って黒猫の妹の絵を描いてくれたりした浮浪者ですから、それなりの詩人だったのではないかと思います。彼は、不良少年達にその存在を否定されて殺されてしまったのでした。この絵では、残念ながらお皿を描くと雑然としてしまうので、端折りました。でも、実は私は、お皿を置いたりして飾るのは好きです。場所がないので、我が家では飾っていませんが。絵本『森の洋服屋』の挿絵に、綺麗な皿が飾ってあったのが小学生の時強く印象に残っていて、自分でもいつかはあんな風に飾ってみたいものだと思っていました。
 
 Kanna様:随分と雰囲気の異なった絵になりました。顔がこちらを向いていたほうがよいかとも思いましたが、小鳥のチッチちゃんを描こうとすると、やはりKannaさんが描いたように猫ちゃんたちは後ろから、チッチちゃんは前からという構図になりました。同じ題材を描いて見比べるというのも、案外面白い試みかもしれませんね。
nice!(85)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『水飲みの虎の図』制作途中 [絵画]

20150807 no.1 DSCN2808.JPG 先日制作途中で公開していた『水飲みの虎の図』であるが、昨日から職場の夏休みも始まったので、今回の休暇中に是非とも完成させたいと思っている。
 今日、椅子の上に置いてあったこの絵を暫く眺めていたら、いくつかひらめいたので早速実行に移す。虎の髭のあたりを白くすること、足の指先を白にする、尻尾の一部も同様。そして、竹の色を青緑にすること、節の間を長くし、竹をもっと大きく見せること。何よりも、川の流れを変え、画面の色の配分を変更すること。そして、日本が風の絵にはどうしても使いたかった金色の絵具を岩に塗ること。これだけのことをとりあえず、できるだけやってみる。それが済んでも、まだ不足しているので、もう少し、変更をする予定である。
 ところで、白い色が岸辺や虎の両脇に塗られているが、これは白墨である。大きな絵を描く時に、チョークは結構便利である。全体を掴むのに適している上、後で消すこともできるからだ。くまのプーさんが兎の穴から脱出する場面の絵も下書きはチョークだった。チョークは色が付いていない分だけいろんな可能性を含んでいて、それがどうなるか想像するのも一つの楽しみである。
 前回の途中の物と比べてみると、大分雰囲気が異なる。自分でもどのように仕上がってゆくか分からないところが面白くも2015071104SSCN2794.JPGあり、苦労するところでもある。眺めていてこうしよう、ああしようと思いつけばよいのだが、何かが物足りない、そう感じるだけで前進できないこともしばしばあるからである。実際に、おととしの夏に描き始めた一つの作品『希望』(仮題)は、今年やっと色塗りが少し終わっただけである。また、先日描き始めた『暴走する乳母車』も手を付けられずにいる。が、思い切って筆を使うのも一案である。何しろ、夏休みで、それなりの纏まった時間が取れるわけだから。
 といいつつ、今回の『水飲之虎之図』は、母子二頭の虎が水を飲むところを描き始めて、自分の描こうとしているものと違うと感じ始めて、数年放置してしまったのだったが、同様の事例はいくつもある。物語『ルトリア8国物語』も後で書こうということにして、数十年放置してある。長詩『野獣姫』も構想(12の倍数で連や行や章を作ってゆく)してからすでに数十年、N氏に計画を話して中断してから20年位経っている。完成することの大切さを改めて痛感する。計画が立派なのは自由だが、そんなものは夏休みの宿題で充分証明済みなので、計画は達成されることで、或いは失敗することによって初めて意味を持つのである。計画を実行に移し成功したり失敗したりすることで前進してゆくことができるのだ。(これだけ書いておけば、背水の陣、逃げ場がなくなるのでよいだろう。自分の弱さに喝!)
nice!(55)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『第一詩集』の『森を歩いた一日』のための挿絵 [絵画]

 以前から計画していて、なかなか捗らなかった挿絵。私は詩画集を計画していたのだったが、肝心の絵を描くことができなかった。が、今回はあまり考えずに描けるような気がしている。『第一詩集』の最初の作品が『森を歩いた一日』である。高校三年の頃の不安定な精神状態を、大学一年になった時に書き始め、最終的には大学四年頃に完成したのではないかと思う。
 今日、描き終えたのはこの少し長い詩の最後の部分である。
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

「(私は一体誰と森を彷徨っていたのでしょう。
それともキリコの静寂と虚無の中での夢想にすぎなかったのでしょうか。)

20150801DSCN2807.JPG「あれ以来、彼女はもう二度と私のところへな来ることは・・・
もうないでしょう。
町で聞いた噂によれば、誰かステキな伊達男と結婚したのだそうです。
なるほど、それもうなづけます。」
* * * * * * * * * * * * * * * * * *

 キリコの絵『街の神秘と憂鬱』は国語の教科書のある章の最初のページにモノクロで載っていた。絵と言うのは色がついていようがいまいが、一定の衝撃波を持っているもので、私にとってキリコのこの絵は残像としていつまでも残っていた、或いは時々ふっと甦ってきた。勿論絵画と言うのは色が非常に大切な要素であるが、形、構図、描かれている物自体も同様である。どれほど詳細に、細部まで正確に描かれていても面白くない絵もあれば、詳細に描かれているが故に面白い絵もある。
 今回は、挿絵のための絵はこのキリコ風の風景と最初の一枚以外はすべてモノクロで描いている。鉛筆の下書きの後は、黒一色の濃淡と線で完成させる。
 詩のための挿絵といえば既に『審判』と言う長詩のための絵は数年前に7枚描いている。
 これらの作品は、自費出版することも考えている。現在自費出版で作業が進行中の1冊が完成したら、取り掛かるかもしれない。

 


nice!(62)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る