So-net無料ブログ作成
2018年04月| 2018年05月 |- ブログトップ

音楽『憂鬱な朝 あるいはギターとリコーダーのための歌』 [youtube]

 今日は、映像の作品を作る気があまり起こらなかった。明日の昼頃からずっと、明後日まで飯能へ行くことになっている。
 そんなこともあり、手持ちの写真やビデオでYoutube作品を作ってみることにした。一日でも休んでいるのは、目標が遠のいて行ってしまうことになることを意味するからだ。
201707020750-2DSCN3501.JPG 使用したのは、2013年から描き始めて、未だに完成することのできていない絵。この絵は、背景を黒にしてあるので、クロマキー効果は使いやすい。最初は、この絵を前面に出して、背景は3月末に撮影した桜の映像にしていた。ところが、月曜日5月21日にギター独奏曲書き始めた曲が、どうも単調に感じられたので、土曜日にリコーダーの音を追加して書き上げた、その曲を背景に使うと、桜の映像がまるで合わない。
 そこで急遽、夜の景色を撮ってきた。暗い景色にはこの絵は好く合うように思われたが、音楽と絵とビデオだけではどうも寂しい。そこで、英詩をいくつか探し、今回の物に一番合いそうな詩を、あれこれ見て、結局George Byronのこの詩を画面に入れることにした。



nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:アート

Cheshire Cat (from "Alice's Adventures in Wonderland") [youtube]

DSCN3828.JPG 録音については、Enrique様にいろいろとご教示頂きましたが、十分に検証できておりません。申訳ございません。


 とりあえず音は小さくとも録音できるので、今回はSound it!のピッチの変換を利用して、一人二役の読み分けを試みてみる。一度にオクターブ上げたり下げたりすると音がかなり歪むため、最初に25%ほど変換してそれを繰り返す、と言うような方法で録音する。

 この映像では猫もアリスも動かないが、本当は手で操作しているところを撮影すれば、もっと楽しくできるのにとは思っている。

 今日は絶好の撮影時間が訪れたかと思われたが、残念ながら、3週間ほどまえのあの輝く朝日は、今朝も小舞台に都合よく光を降り注いでくれない。小舞台の方を移動すればよかったと気付いた時は、時すでに遅しであった。カメラを三脚に設置し私も床に横になって準備していたので、舞台を日が当る場所に移動するということに思い至らなかったのである。

 ほんの少しだけとることができたのだが、本来期待している偉大な自然光照明ではない。また、次回に試みることにするが、日照時間も日の差す角度も変わるので、自然を相手にすると相手のことをよく知っていなければ、場合によっては一年待たされることになる。



DSCN3829.JPG今回は、手遊びに描いていた絵が絶望的に酷いものになり、廃棄するかどうか迷い、踏みとどまり仕上げ、その結果がCheshire Catとなる。それを更に厚紙に絵を描いて、切り抜き、2015年6月に描いていた、こちらも一度完成できなくなり放置しておいた絵(B4判)を背景として使い、映像作品にした。大きい方の猫の前足と、小さいほうの猫の胴体は可動式なので、本来は操り人形のように使うことができる。


nice!(26)  コメント(3) 
共通テーマ:アート

映像作品-練習 How to get to Ayoan's home or Let's enjoy a tropical night! [youtube]

 映像作品練習。今回の目標は別取りした音(声や音楽や効果音など)を映像に合わせることである。マイクロフォンをPCに接続すると、「使えると」表示がでるのに録音できていないように聞こえる。
 改めて、UA-25の取扱説明書を読み直して、その通りやってみる。それでもだめである。XG-Works STの取説の「ボーカルを録音してみよう」も読みながらやってみるが、聞こえない
 もうどうでもよいと思い、XG-Works上で録音した物をMP3に保存し、それをSound it'に取り込み、増幅してみた。何と、音は入っていた。増幅は4倍を4回ほど繰り返さなければ聴き取ることができないほどの音量だったのだ。なぜ、これほど小さな音になるのかはわからない。小さいにも程があるだろうに。TEACのTASCAMも音量が小さくて、使い物にならないと思ったのだが、どうも使い方が間違っていたのかもしれない。
 今回は、台詞のある映像と言うことで、自作の詩を、自分で朗読し、ビデオカメラで撮った映像に組み合わせるというやり方に挑戦した。
 詩を読んでいるのは自分自身ではあるが、ピッチをほんの少しだけ上げてあるので、実際の声よりも若く聞こえるかもしれない。
 詩は下記の通り。

 イメージ


 僕の仕事場は最寄の駅から全速力で来てください。疾走すれば五分くらいで森の中の家が見つかるでしょう。でも、家にはミミズクのメイドがいるきりなので、夜以外は連絡が取れないかもしれません。ご存知のように、彼女は大変な低血圧で、しかも夜行性ときてるんですから。おまけに、耳も声も意地も悪いときているんです。僕に合わせているので。悪しからず。

 肩掛け鞄の中にはポテトチップスを一杯入れてくださいね。僕は何よりもかによりも、一等ポテトチップスが好きなんです。あの歯ごたえが、えもいわれぬ快さを醸し出すのです。


 あぁ、エリーザベトよ!夜はもう更けつつあるのです。


 それからできたらサクランボもお願いします。椰子の葉陰で珈琲ブレークを取るのが僕の趣味なんです。

 あぁ、しかしなんてトロピカルな夜風が吹くことでしょう!


1984-8-1 水曜日 晴天

『拾遺詩集』より




nice!(36)  コメント(7) 
共通テーマ:アート

2018年04月|2018年05月 |- ブログトップ
メッセージを送る