So-net無料ブログ作成

年賀葉書のための木版画 [日記・雑感]

20180102tuesdayDSCN3800.JPG 使うことはなかったが今回作ってみた年賀葉書用の木版。蒲鉾の板を使っているので縦長になっている。それを色を変えて連続5回横に並べて刷ってみる。
 ここに筆ペンで書いてあるのは『枕草子』からの一文。

 ところで「『話の話』の話」を読みながら、multi-plane systemという技術について改めて知る。この技術がアニメーションで奥行きを作り出すために画像を実際に何層も重ねて撮影する方法であることも、子供の頃からディズニーのアニメは原画が何層にもなっているので、日本のちゃちなテレビアニメとは違うと言うことも兄から聞いて知ってはいた。一秒間に流すコマ数もディズニーは24、日本のアニメは12なのだ、とか。ちゃちなアニメを作らざるを得なかったのは技術力ではなく、製作費の問題にすぎなかったのだが。ディズニーは『白雪姫』を作って呆れられたが、興行的には成功しすぐに製作費を回収できたが、『ピノッキオ』『ファンタジア』の製作を引き続きフルアニメーションで行ったために、回収するのに何十年も掛かったとwikipediaに書いてある。
 東映の作成した『白蛇伝』の予告編を見てみると、マルチプレーンカメラが紹介されている。確かに、許仙と白娘子が庭を歩く美しい場面はそれがよく分かる。
 自分の場合、予算ばかりか、知識、経験、人材などあらゆる物が限られているので、ない知恵を絞りできる範囲でやる以外に手はなさそうだ。

nice!(34)  コメント(9) 
メッセージを送る