So-net無料ブログ作成

Ah, vous voilà, Elizabeth! [youtube]

SSCN3724.JPG 『そこを行くのは、エリザベ?!』Ah, vous voilà, Elizabeth!の第二弾。音楽も絵も同じ。しかし、今回は主人公の男性の紙人形とボサ(草叢)と花の大道具を作ったので、その中に紙人形を置いてビデオ撮影してみる。この映像作品は7分くらいになると思っているが、どうなることやら。今日取ったビデオはたった1分少しで137MBになってしまったので、いよいよ新しいPCを買って作業をしなければならないことがよく分かる。Youtubeにアップロードする段階で26MBに圧縮されていたが、動画と言うのはやはりスペックが大切だ。

 それにしても、映像と言うのはちょっとした思い付きでできるものではない。そんな当たり前のことを改めて痛感する。背景用の大道具も、大きさは小さいけれどももっと沢山用意しないとボロが見切れてしまう。ビデオの中に、本やイーゼルが映りこんでしまっているのは、今はまだ実験段階なので、愛嬌で済むが、本番ではやり直しになる。

 今回実験したのは、ボサの後ろに置いた紙人形で画面にどれだけの変化、つまり静止画と異なった変化が感じられるか。大差ないのであれば静止画の方が手振れしないので画像は綺麗になる。絵コンテで描いた場面によれば、パリの地図、エコールデボザールの建物、画材店のショウウィンドウ、画材、棚等等、作らなければならないものが矢鱈に沢山ある。これはしかも前半部分。後半には別の風景が必要になる。だから、どうも直ぐには手が出せない。少しずつ着実に作ってゆくしかない。
 この作品は、紙人形、それも動かず、設置された物をカメラが移動することで、動きを感じさせるという方法をとることになりそうだ。一部実写をいれるのは、後日のことになるだろう。紙人形で作った作品が少しでも面白ければ、実写を一部いれるのもよいかもしれない。
 このように、思いつくままにだらだらと書いてしまうのは、迷っている証拠である。嗚呼!



nice!(38)  コメント(5) 
共通テーマ:アート

『そこを行くのは、エリザベ?』(『ペン画物語』より) [youtube]





今日は、計画している映像作品の練習その1。モロさんをもとにして書いた『ペン画物語』の一場面。エコール・デ・ボザールの近くにあったという画材店。そこの若い女店員に、モロさんは仄かな恋心を抱いた。その場面を、シュルレアリスト風に映像化するのが目標なのだが、肝心の編集ソフト、大容量のパソコンも未購入。照明機材、カメラ、その他もろもろの機材、道具が必要である。


この映像作品は、長さとしては10分以内の作品にしようと考えている。頭の中では絵コンテまでできているが、台詞はまだである。

SSCN3724.JPG

nice!(41)  コメント(7) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る