So-net無料ブログ作成
検索選択

岡本太郎美術館へ行く [日記・雑感]

 20170429 okamoto taro museumDSCN3285.JPG昨日4月29日の土曜日は、午後に近所にある岡本太郎美術館へ行く。岡本太郎は、その絵画の作品や彫刻作品のいくつかを知っている程度で、全体像が見えなかったので、それを知り、果たして自分は岡本太郎をどう思うのか確認するのが目的だった。彼の著書の何冊かは読んでいて、その考え方には概ね共感するにも拘らず、彼の作品となるとどうしても好きになれない、本当に好きになれないのかどうか確かめてみよう、と。
 小田急線の向ヶ丘遊園南口から真直ぐに山に向かい、10分ほど歩くと、右側には日本民家園がある。そこを過ぎて少し登って行くと左側に「かわさき宙(そら)と緑の科学館」があり、ブルーとレインやD51が展示されている空間がある。そこを更に進むとメタセコイアが出迎えてくれる。緑の木々と池の奥に岡本太郎美術館がある。
 天気が荒れるということで、雲行きが怪しかったので、美術館に入る前に野外に展示してある太郎の作品を見た。予想どおりで、全く面白くない。美術館の中にある作品もこんなものなのだろうか、と少し不安になる。
 入口では券売機があるので、そこで自己申告で表示に合わせて画面を押して購入する。券には一般、団体などと表示がされたものが出てきて、それをもぎりの女性が確認するという流れになっているのだろう。
 会場に入ると、最初に迎えてくれるのは大阪万博のために制作された太陽の塔の顔の彫刻だ。少し期待感が高まる。油絵作品が目に飛び込んでくる。例の強烈な赤。赤は血の色で、岡本太郎には子供の頃に大量の血を見るという衝撃的な経験があったそうだ。しかし、どの作品も自己主張が強い割には、個性がなく、何か物足りない。この物足りなさは、変わらなかった。上野にある西洋美術館の松方コレクションにあるピカソの絵も、物足りなさを感じるのだから、それは同じこと。画面が大きいのに、ただ色を雑然と塗ってあるだけ、と言う印象を拭えない。完成度が足りない、と言う感想。岡本ファンにとってはそれがいいのだろうが、私には納得できず、要は好き好きの問題なのだろうと思う。もう一つ、色が汚い。渋谷駅に壁画があるが、あの色もどろどろしいて汚い、だから見たくない。色が綺麗かどうかと言うのは使う絵具にもよるが、それ以上に配色、画家の持っている色彩感覚だと思う。
DSCN3295.JPG 完成と言う点について少しだけ考えてみる。工業製品のように一定の完成イメージ、或いは完成予定図、設計図等があると、それ以下のものは未完成と判断することができる。芸術作品の場合には、この考え方があてはまるのか、と言うと難しい。一見、未完成に見えても、何か施すことによって今ある何かが失われてしまう、そんな時は、工業製品のような完成度に達する前に、完成としてしまうことになるだろう。
 岡本作品の場合どうかと言うと、むしろ完成かどうか見極める前の段階で終了されてしまっている印象が強いのだ。
 太郎は、頭のよい人間なので、頭でっかちの感が否めない。理論が先行してしまうのだろう。今まで人がやらなかったことを自分がやる、と言う意識が強烈である。その気持ちが強すぎて、空回りしているように感じられてならない。芸術と言うのは、他者がやっているかどうか、自分だけがやっていることなのかどうかが問題なのではなく、自分がそれを好きかどうか、それをやってないと自分でないように感じられるからやらずにはいられない、それが本質だと確信している。評価を受けるかどうか、それは自分が決めることではなく、時代と世の中が決定するものなのだ。時代にあっていれば、評価されることもあるのだが、そうでない人も多くいるのではないかと。
 岡本太郎の好いところは、芸術の良し悪しは自分自身が決めればよい、と堂々と発言している所である。海外の有名な権威が推薦しているから、とか、画壇の重鎮が評価してくれたから、と言う判断ではなく、自分自身気に入ったかどうかそれが全てであると宣言してくれたことだと思う。周りを見回しても、実際に自分の価値判断ができない人間の方が圧倒的に多いと感じている。
 また、岡本は、「すぐに評価されないこと」の意味を考えさせてくれる。後世になって判断が決まるものは、同時代人には適切に評価できない。再評価とか発掘と呼ばれるものもそうだ。尤も彼自身は若い頃から十分に評価され活躍してきたのだったが。
 犬の植木鉢(岡本太郎)DSCN3381.JPG岡本太郎の作品で私が気に入ったのは、下絵の描かれたものを強化プラスティック(FRP)で作り、色塗りしたもの、家具や食器などのデザイン、犬の形をした植木鉢などだった。FRPで作られた作品は、色の塗り残しがなく、しっかりと完成されているので、美しい。太郎がデザインしたものは、独特で美しいものが沢山ある。全てがよいのではない。犬の形をした植木鉢は、近所の子供が見に来たというが、遊びがあって面白い。他にも下絵として描かれた油絵を基にした壁画の石膏型。岡本の色彩感覚が好きではない私としては、彼の作り出した形そのものの面白さ、美しさをその石膏型に見いだす。とても魅力的である。
 彼は、創作しながら遊んでいたのだろうと思う。彼の部屋の一部が再現されているが、そこには彼の作った椅子や彫刻作品などが置かれている。なんと楽しい空間だろう。彼のこの遊びの世界は大好きである。
 もし岡本太郎に、うんざりするほどの攻撃的な顕示欲がなければ、もっと好きになれたのにと思う。パフォーマンス、著作活動、壁画の制作などを見るだけでも、魅力的な人間であることは今回再認識することができた。

nice!(31)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Guitar Concerto 2nd movement [youtube]

 先週書いていたギター協奏曲の第二楽章中間部まで。

 ギターの練習を始めて、教則本も買ってきている。昨日買ったのは『カルカッシ・ギター教則本』(全音楽譜出版)。XG Works STとMU2000それにもう一つの音源Vienna Instruments SE。楽器同士の音のバランス調整が難しい。MU2000の音源はXG WorksでViennaの音源と一緒に演奏させると、音がずっと小さくなる。と言って、それをffなどにしようものなら、ミックスダウンする時に大きすぎてしまう、その調整に時間が掛かる。今日は、3回録音のしなおしである。ギターの音が、聞こえなくなってしまったので、音量を上げて取り直す。

https://www.youtube.com/watch?v=hklr8P5BwDA&feature=youtu.be

nice!(33)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Youtube Exercise No.8 尺八、パンの笛、三味線、バンジョー他のための協奏曲第一楽章 [youtube]

2013-6-4 tuesday 2.JPG YAMAHA MU2000の音色とXG Works STの機能をより正しく、必要に応じて十分に使いこなせるように、このところ連続して同じような音源を使って書いている。今日は、その8曲目。当初の予定と異なり、少し長めの曲に発展しそうな予感がある。そのため、結局題名を尺八、パンの笛、三味線、バンジョー他のための協奏曲第一楽章とした。実際に、音で活躍しているのは他にはリードオルガンとクラリネットがある。この調子で書き続ければ第一楽章は7分以上になると思うが、ソナタ形式で書くかどうか未定。
 今回は、絵としてはすでに一度登場したもの、それと近所の畑に植えられていた実った麦の写真を使ってyoutube作品にしてみた。新たに絵を描くだけの元気がない。
 ところで、本日はDVDを近所の本屋で購入してきた。『サムソンとデリラ』および『クオ・ヴァ・ディス』の二本で、1948年と1950年に製作された作品である。早速『サムソンとデリラ』を見る。昔一度見たことがあるが、サムソンの頭髪はもっと長くて金髪が波打っていたような気がしていた。

https://www.youtube.com/watch?v=aOy7bW_st5o&feature=youtu.be
nice!(34)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Youtube 桜の花 [youtube]

cherry maiden4.JPG このところYAMAHAの音源MU2000を使いこなす為に、練習曲を書いている。今日は、その第6曲目の和風旋律を元にYoutube作品を作る。写真で使用したのは、既に使用したことのある2枚の絵。一枚目は樋口一葉日記から抜粋した一節を書き入れた絵、もう一枚は歌劇『夜長姫と耳男』の一場面より「夜長姫の夜想曲」に使った絵。そして、桜の木の写真は数年前に撮っておいた近所の稲城団地にある桜のトンネルの桜。桜の天井が高すぎて、桜に囲まれている楽しさはないが、それでも50メートル以上続く桜の花びらのトンネルはなかなかの壮観であり大好きである。
 ちなみにこの一連の練習曲は2~30曲くらい書くつもり。まだ6曲であるが。実際に書きながら、自分がこの音源MU2000もXG Works STの機能を十分に使いこなしていないことが分かる。道具は活用して、その持てる力を最大限に発揮しなければこのソフトを開発したエンジニアに対して失礼である。しっかりと使うことができるようになって初めて、人を感動させることができるのだと思う。使いこなすことができていないのは単に使う時間が不足しているだけである。ひたすら使う時間を増やすことだ。そのように考えている。
https://www.youtube.com/watch?v=YuWxA97hY5A&feature=youtu.be
nice!(39)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Exercise No.2 [youtube]

20161223DSCN3225.JPG MU2000を使いこなす為に、先々週連続して曲を書いていた。第2曲。絵は、昨年2016年12月23日に描いたものを使用。栗の里の愉快な女房殿に「CGがどんどん使われていて、リアルすぎて不自然なアニメーションが流行っている時代に、トオチャンの作る前近代的アナログな静止画像とちょっと怪しい音楽が却って、人間臭くって好い。ユーはこの線で行きな!」と励まされ、youtubeもこの路線で行ってしまおうかと思う今日この頃。
 兎はPicaso,青猫はSakutaro, 驢馬(兎馬)はAndre Bretonm,虎はHokusai, 青犬はDaliと言う豪華メンバーが一堂に会しておりまする。
 https://www.youtube.com/watch?v=YZlDP0cvyyw&feature=youtu.be
nice!(43)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
メッセージを送る