So-net無料ブログ作成
検索選択

伯父吉江新二の思い出 その2 [吉江新二の思い出]



伯父吉江新二の思い出 その二  2016/08/27  土曜日



 もっと早く伯父の思い出を書く積りでいたのだったが、遅くなっている。理由はその肖像画である。病床の写真を元に、二枚目のデッサンをしているのだがどうも線が気に入らないのである。伯父貴が許してくれないだろうと感じるのだ。「なんだ、こりゃあ。もっと正確な線を引かなきゃだめだろうが。土台、俺もっとハンサムだろう。大体、骨格の把握が不正確なんだよ。」等々と言われているような気がして、手が止まってしまう。ここでデッサンの絶対量の少ない私は挫けそうになるが、挫けた段階で制作の放棄になり、絶対に放棄だけはしない。諦めないで続けていると、必ずその結果案外好い作品になることを経験したからである。それもここのところ、連続して経験している。そしてそうこうしている内にデューラーの『ネーデルラント旅日記』(岩波文庫)を再開し、この本に載っている絵を見て、殴られたような気分になるが、起き上がってデッサンを続行している。

 結論から言えば、昨日デッサンについてはもう一枚新たに描き始めた。今までそこそこ時間を掛けたものに手を加えるよりも、新しい視点で描き直した方がよいと判断したのである。そして、既にかなり出来上がってデッサンの方には水彩で色をつけて、別の手法による試みをしてみることにする。小学校の頃は下絵よりも上塗りの方が得意だったので、そちらに切り替えてみた。

 吉江新二 「建物のある風景」1956DSCN3108.JPG今日ここに紹介するのは、伯父が三十七歳の頃に描いた作品『建物のある風景』。色、配色、形、線、構図など絵画にはいくつもの要素があるが、これらの使い方に自分と共通項があるかどうか、それが好き嫌いを決めるのではないか。劇団に入った時に、詩も小説も同様だったが、絵画についても全く自分独自の判断ができなかった。一緒に入社した美大の油絵科を卒業したO氏に、どのように判断したらいいのか聞いたことがあるが、彼の答えは不明瞭だった。じゃあ、誰が好きですかと言うと、レオナルド・ダ・ヴィンチ、彼のデッサンは誰にも超えられない、と言う。また、ボッティチェリのビーナスが好きだとも。高階秀爾『名画を見る眼』(岩波新書)などを読んでいた私は、絵そのものは好きなのに、美術とは何かが分からなくなっていた。自分が必ずしも好きではない画風でも名画として紹介されていたからかもしれない。伯父がどのような判断基準を自分の中に持っていたのか、聞いたことがないので不明である。完全な抽象に移行する前の、過渡期の作品のように見える。抽象絵画には二種類に分ける分類方法も可能であるように思う。一つは具象的な、具体的なものを見ながら、想像しながらその一部を強調して絵として構成してゆく。もう一つは、初めから抽象的なものを想像しながら、形や色や線、構図などを気の済むままに描いてゆくもの。この分類で考えると、この作品は前者である。

 ところで、喪主挨拶の時に伯母が語っていたことが印象的である。「あたしの大学の先生が家に来たことがあって、あたしの作品が沢山並べてあるのに、その先生彼の作品の方ばかり見ているの。あたしの方がまじめで、一生懸命勉強して、作品も作っているの。彼の方は寡作だから、あんまり描かないの。それなのに・・・」嬉しそうでもあり悔しそうでもあった。伯母も画家であり、個展も銀座などで時々行っている。最近は、絵画の平面的な表現に飽き足らず、立体的な作品も作っている。「あたし、鋸なんかも使うのよ。」楽しい女性である。


伯父吉江新二 その1 [吉江新二の思い出]

 自分が無意識の内にも最も意識していた、影響を受けていた伯父が先週8月9日火曜日に96歳で他界した。高齢なので全く予期していなかったと言えば嘘になるが、予期したくなかった、伯父が他界するなどと言うことは考えたくもなかった。90を過ぎてからも元気に歩き回っていると聞いていたので。が、現実にはそれは不可避であり、受け入れざるをえないことであった。
My beloved Uncle Shinji 20160816DSCN3107.JPG この絵描きの新二伯父は、今年2016年の5月27日頃、腰が立たなくなり緊急入院した。一週間ほど経った6月6日の土曜日に私の両親と兄、姉、叔母、弟と私はお見舞いに行った。東京都東久留米市の滝山病院である。兄と私は電車とバスで行ったのだったが、電車の遅延もあり予定よりも30分ほど遅く着いたため、別行動をしていた両親や姉たちは見舞いを終え、食事のために料理屋へ移動してゆくところだった。急いで伯父の病室を訪れ、話し掛けた。最初ぼんやりしているようだったが、すぐに私のことを分かってくれたようで、大きく相好を崩す。が、声を発しても言葉にならず聞き取れない。それでも、私は6年前に伯父が話してくれた都立新宿高校の教え子たち、著名な音楽家二人の話をすると、本当に嬉しそうににこにこしていた。そして、話し掛けている私を、無言のまま大きな目をしっかりと見開いて、じっと見つめた。そんな伯父と私を見ていた兄が、スマートフォンで写真を撮ってくれた。もっと一緒にいたかったのだが、両親たちを待たせているので、やむを得ず、面会は短時間で切り上げることになった。
 その写真を元に、木炭と鉛筆で伯父の絵を描いてみた。こんなデッサンをするのは本当に久しぶりだ。こんな機会がなければ描いていなかったかもしれない。今回は、これを機に、伯父の肖像画を数種類描いてみたいと思っている。
 伯父は主体美術協会の創立メンバーの一人であったことがウェブを調べていて分かった。主体美術の協会の中心メンバーだとは母から聞いてはいたのだったが。私は、少しでも地位がある人間には、生来条件反射のように抵抗感を抱いてしまう傾向があるのかもしれない。今はそうでもないと思うが。毎年、主体美術展の案内ハガキが母に送られてきていたことも知っていたが、行った事は一度もない。毎年展覧会が開催されてそこに出品していると言うのは、何とも偉そうに感じた。実際を知らないからゆえの愚かな思い込みだったのだが、嗚呼、何と言う甥っ子か!?
 伯父に対しても、無意識の内にも意識しているためにだろうか、不思議な甘えのような抵抗を示してしまうのである。あえて歯向かってみる。伯父のその生き方、それは私が自分の頭で作り上げている妄想にすぎないかもしれないが、またそれを検証しようとも考えていないが、その生き方が影響を及ぼしている、伯父から強い影響を受けていると感じる。
 残念ながら、この伯父との接点は多くはないが、それでも兄弟の中では多い方かもしれないので、覚えている限りの思い出を書いておこうと思っている。そして、都立新宿高校絵画部O.B.会の皆さんが出版して下さった『吉江新二作品集』に載っている絵も、いくつか紹介し、自分なりの感想を述べたいと思う。それは大好きだった伯父が存在したことへの感謝かもしれない。伯父には、そんなものはいらねえ、と言われそうだが。


YouTube”Old Witch's Song"『老婆の歌』 [youtube]

 8月9日のEnriqueさんのボッケリーにの記事をみていた。貼り付けてあったYouTubeの2本目の曲が随分懐かしい。その旋律には聞き覚えがあった。考えたら自分が30年前に作曲していた曲8小節が同じであった。姪っ子たち甥っ子たちのために人形劇『ヘンゼルとグレーテル』を上演することにし、そのために台本を書き、人形やバックドロップ、小道具や照明や必要な物全てを作った。その中には当然作曲もあった。10曲ほど書いたうちの一曲である。(ファンファーレ、主題歌、お菓子の家、白鳥、子守歌、白い小鳥、舞曲、老婆の歌、老婆登場の音、グレーテルの独白のBGM)
 Enriqueさんが2曲目で紹介されているのは
https://www.youtube.com/watch?v=PWYv_MWsyBM
Boccherini: Nightmusic from the streets of Madrid
第9番「マドリーの帰営ラッパ」の最終楽章では,奏者がだんだん退場して行くと言うパフォーマンスまであります。

である。私の曲は次のurlで。
big head09-08-23 sunday.JPGhttps://www.youtube.com/watch?v=63IYh6zl5zc&feature=youtu.be

尚、使用した絵は、『大頭と鯨』と言う絵。クレヨン等で描いてある。老婆の絵を用意する時間がなかったので、こちらを使った。

 歌の歌詞は

人間のこどもは美味しいよ
ぐつぐつと煮て食べると美味しいよ
人間のこどもは美味しいよ
こりりこりーこりりこりー美味しいよ

 


YouTube『大男の対決』 [youtube]

 随分、ご無沙汰してしまっていたが、何もしていなかったのではなく、実は自費出版の第二弾に向けて原稿の準備をしていたりした。ペン画家のモロさんの方は、特に内容について何の感想もなかったが、『神聖木曜日』の主人公であるN氏は、非常に細かい事実関係にも再度目を通してくれて、3週間に亘って5通の手紙を送ってくれた。その手紙の中には、実際は書かれていることとは異なるけれども、もし虚構として書いているのであれば彼は異を唱えない、と優く表現された意見が書かれていた。しかし、事実は変に頭で拵えた表現よりも強く、説得力があるものだ。だから、受けた指適については殆ど全部、彼の言う通りに変更した。(このインターネットの時代に、書簡でやりとりする、この原始的とも言える手法がとても魅力的だった。彼は直接会って話すことよりも、文章にすることを望んだ。それは正しいやり方かもしれない。十分に考えて書く。書き間違いは、言い間違いよりも大きな間違いである。一般的には、十分に考えなければ、考えは文章に書けないからだ。)
 いずれにせよ、その作業が今日やっと終り、明日郵便で最終原稿を彼に送るのだ。
 面白いもので、N氏の伝記『神聖木曜日』を書いている時は、モロさんから『ペン画物語』に関するメールが余り送られてこない。両方が同時に進行していたら、頭が少し混乱していたかもしれない。
 今日は、一段落し、気分的に少し達成感があった。そこで、YouTubeの作品でも作ろうと思い、フォルダーの中にあるWaveファイルを見たが、どうも大体は使ってしまっていたり、今日作りたいと言う気分にならないものしか見当たらない。そこで、新しい曲を書こうと決めた。この新しい曲は、しかし、新しいものではなく中学校の頃、高校の頃に書いた旋律を使うことにした。
 the silence of the wood.JPG『大男の対決』は『ルトリアの魔女ロサ』(『ルトリア8国物語』第一話)の一つの章である。ロサに魔法使いルピーツが与えた課題の一つ、大男の髪の毛を手に入れること。彼は森を支配する悪党の大男だ。その髪の毛には特別の成分が含まれているので、秘薬を作るためには不可欠なのである。優しくて善良で力は強いが、動きの鈍い大男が、ロサを手伝ってくれるという。悪党の大男に戦いを挑んでくれることになる。音楽の冒頭は朝の森の情景。この部分の旋律は中学校3年の時に書いたものをそのまま使っている。途中から変わるが、ここからは今日全く新たに書き足した。いずれにせよ、途中まで。
https://www.youtube.com/watch?v=G39ANTmVhRc&feature=youtu.be
メッセージを送る