So-net無料ブログ作成
検索選択

いよっ!大婚約者!土俵入りの巻 [絵画]

20170518いよっ!大盗領!土俵入り。DSCN3448.JPG このところ連続して描いているのが、人形のようなロボットのようなもの。題名は『いよっ!大婚約者!土俵入りの巻』である。ロボット猫と蟹ロボットが大婚約者の登場を声援で迎える。彼の上にはやはり二羽の飛行ロボットが旋回する。
 偉大なる婚約者は、ファウスト博士よろしく、その魂を彼の大好きな人々に売ってしまっているので、彼等以外のことは眼中にない。誰と婚約したかと言うと、八方美人の危険な女性で、彼女はいつも護衛の代わりにライオンと熊を連れて歩いている。どこに行く時も彼らがこの女を守ってくれるのだ。彼女は、このライオンや熊が活躍する場所を作りたくて仕方がない。とても強い、ライオンは人間なんか一口で噛み殺すことができるし、熊は強力な前足で牛の首を折ることができる、と言った商人から買った。だから、その実力を試してみたくてしかたがないのだ。さながら、剣闘士が死闘するのを見て喜んだローマ市民たちのようなのだ。彼女にとって、平和に死ぬことよりも、戦って死んだほうがはるかに輝いてみえるのだ。病気で死んだり、怪我をして死んだり、線路に落下して轢かれて死んだりするのは全く美しくないし、許されざる種類の死だった。平和に、身内に看取られながら迎える死、そのような死は好きになれなかった。
 偉大なる婚約者が彼女に惚れたのは至極当然のことであった。価値観が全く同じだから。彼の頭は中身を抜いた缶と一緒で空っぽ。更に悪いことには、黒い煙が出ているのだ。頭と呼ぶべきかどうか分からないが、この最上部のパーツの何かが燃えているようだ。早く消し止めないと、大婚約者は、自分が歴史に名を残す名優だと思って、更なる愚行を続けるだろう。
 猫も蟹も、鳥達も、いい加減におだてたりするのをやめよ!

nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 37

コメント 6

momotaro

絵も解説も最高です〜
大婚約者のタイトルもまた最高です!
by momotaro (2017-05-21 08:28) 

yuyaさん

面白い絵ですね。解説があるとまた違う面白さも見えてきますね。アヨアンさんの絵には、機械のようなカラクリ人形のような滑稽な形のロボットみたいなものがよく出て来ますが、そのひょうきんな姿の裏に機械の怖さみたいなものもズシリと感じられて、個人的にそこが興味深くそそられています。
by yuyaさん (2017-05-24 22:11) 

Enrique

大婚約者も困りますが,おだててうまくやろうとする取り巻きが困る。犯罪的演技に胡麻を擂る評論家,有難がるマゾヒスト聴衆がもっと困る。
by Enrique (2017-05-25 06:14) 

lamer

ロボットの擬似人間また逆に人間のロボット化。
素晴らしいテーマですね。
by lamer (2017-05-25 13:16) 

アヨアン・イゴカー

鉄腕原子様、扶侶夢様、常武鉄道様、mimimomo様、かずのこ様、momotaro様、@ミック様、ネオ・アッキー様、carotte様、めもてる様、majyo様、ChinchikoPapa様、Mitch様、ぜふ様、Halumi様、kazg様、さとふみ様、dumbo様、siroyagi2様、芝浦鉄親父様、トックリヤシ様、caveruna様、りんこう様、SILENT様、ビタースイート様、ファルコ84様、Enrique様、森田恵子様、八犬伝様、kohtyan様、せとっこ様、Nobuzo様、lamer様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2017-05-27 23:28) 

アヨアン・イゴカー

momotaro様
コメント有難うございます。
いろんな人々を思い出しながらちゃんぽんを作りました。

yuya様
ロボットは、自分の意志で動きません。それが非常に恐ろしい所ですね。
ロボットならば、笑いながら殺人でもできます。

Enrique様
>有難がるマゾヒスト聴衆
何よりも大事なのは、自分自身で判断しようとする、自分の頭を使う人間が増えることだと思います。情報を操作されてしまっていては、正しい判断ができなくなってしまいますから、仮令そういうことがあっても正しい判断ができるように。

lamer様
世の中になんとyes peopleの多いこと。職場にもそういった人々が沢山います。彼等は自分の意見を言うよりも、対決や衝突を避けて、会社の方針に従い、自分自身をそれに合わせようとします。それが日本社会の多くの部分を形成しているような気がします。何とかしなければ、本当の民主主義も、主権在民も実現化できない、平和や自由は不断の努力がなければ奪われてしまい、悪が蔓延ってしまうものなのだろうと思います。
by アヨアン・イゴカー (2017-05-27 23:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る