So-net無料ブログ作成

風神雷神の図 [絵画]

20161217DSCN3149.JPG風神雷神の図。これは下絵。何も見ずに、腕が赴くままに自分なりに風神雷神を描こうとしてみることで、改めて構図の重要性を痛感する。このニ神をどのように配置するか。近づきすぎているので、無理やり画面に押し込んだ印象になっている。事実、縦横が屏風に比べると遥かに正方形に近い四角形なので、一定の大きさで描くことによって、結果的に近づくことになった。また、雷神はでんでん太鼓を想像しながら描いたのだが、子供っぽい雰囲気になってしまった。また、風神は風袋を片手で持っているし、サンタクロースの贈り物袋のような風袋になってしまっている。宗達の屏風絵を見ると、答えが瞬時にして分かる。何をどのように配置するべきか、
 それでもやはり一度描いて見ることによって、難しさ、重要な点が分かる。
 『風神雷神の図』で何を私は描きたいのか。勢い、力、怒り、肉体美などなど。構図の練習もしておきたい。
 この絵には、最初クーピーペンシル、その後ボールペン、朱色鉛筆、色鉛筆、水彩絵具、修正液、このような順序で描いていった。宗達の絵では、随分様式的な美が追求されている。雲の形、領巾のような布の流れるような形、風神雷神の見得を切ったような姿勢・・・金屏風がまた背景としては非常に効果的である。
 今日の『風神雷神の図』は20×25センチの画帳であるが、もっと大きな10倍以上大きな画面に描いてみるつもりである。2014年の2月に描き、その後放置し、時々手を入れ、今日2016年12月17日(土)に一応完成したことにした。今日は、この絵のある画帳の3作品にも大幅は手をいれ、完成させた。どうしても我慢ができず、気に入らず完成できずに放置しておいた絵ばかりだったが、今日は不思議なことに色を塗ってみたいという気持ちになった。
nice!(49)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 49

コメント 6

mimimomo

こんにちは^^
色が好きです。雷神の方が少し奥で遠近感あるし、そんなに近くには見えないです。
風神の緑が特に良いお色。
by mimimomo (2016-12-18 13:00) 

Enrique

拡大して見ると,ずっと迫力があります。
細部のぎらついた感じとかが伝わってきます。色もあざやかです。

by Enrique (2016-12-18 19:50) 

majyo

私も拡大して見ました。怖いようです
迫力あります。風も感じます。
by majyo (2016-12-18 20:19) 

Kanna

自分の描いた絵の感想は、本人と他者とでは違うかもしれませんね^^
私から見ると全然子供っぽくは見えませんし^^、皆様がおっしゃるように、拡大するとどちらの神様も凄く迫力があって見応えを感じました(*^^*)
”今年の制作は今年のうちに”という事で、やり残した制作は出来るだけ今年中に終わらせておきたい所です…なかなか難しいですが^^;
by Kanna (2016-12-20 11:20) 

アヨアン・イゴカー

いっぷく様、ビタースイート様、flutist様、mimimomo様、doudesyo様、kazg様、めもてる様、SILENT様、扶侶夢様、かずのこ様、carotte様、えれあ様、miffy様、りんこう様、lequiche様、ChinchikoPapa様、Enrique様、majyo様、Mitch様、夢の狩人様、ネオアッキー様、シラネアオイ様、森田恵子様、くらま様、チャレンジャー様、ぜふ様、ぼんぼちぼちぼち様、silverag様、はじめてのDORAKEN様、芝浦鉄親父様、八犬伝様、せとっこ様、kohtyan様、cyoko1112様、Hiro様、caveruna様、siroyagi2様、dumbo様、schnitzer様、さとふみ様、ありさ様、lamer様、yam様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2016-12-24 08:30) 

アヨアン・イゴカー

mimimomo様
コメント有難うございます。
色は配色によって引き立ち方が異なりますが、緑が効果的に感じて頂けた様で嬉しいです^^

Enrique様
ぎらついたりしている部分は、消しゴムで色を落としている箇所かもしれません。消しゴムの効果は、馬鹿に出来ない力があると思っています。

majyo様
この二柱の神は、鬼を前提にしていますので、できるだけ怖い顔にしようとしています。仁王像も思い出しながら。

Kanna様
大きな画面、大きな寸法で描くと、細部を更に描き込むことができますから多分もっと迫力が出るのかなと思っています。
私は、途中で放置してしまっている作品がいくつもあります。将棋で言ったら、次の手が思いつかない状態でしょうか。長考に入ってしまって、なかなか抜け出すことができません。それで放置してしまうのです。が、暫く、或いは何年も経って見直すと全く別の視点から完成の糸口が見つかり、一気に仕上げることができたりします。もしかすると、これは学者が何かを研究していて答えがみつからないで悩んでいるのと同じことなのかもしれません。
by アヨアン・イゴカー (2016-12-24 08:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る