So-net無料ブログ作成
検索選択

シュルレアリスト風題名『三権分立の形骸化の予感或いはあれはダリだ!』 [絵画]

 今日は、先日の日曜日に出勤した振り替え休日。朝、久々にゆっくりしていたら、少し面白い夢を見た。周期律表の階段を上って遊んだり、ブロックになった元素記号を運んだり。自分はやはりシュルレアリズムから自由ではないのだ、あちらの世界の人間なのかもしれない、と感じる。
DSCN3148.JPG 今日の絵はとりあえず題名をシュルレアリストのダリ風に付けてみる。『三権分立の形骸化の予感あるいはあれはダリだ!』である。最高裁判所の判断には、多分に政治的な部分があり、その影響が色濃くでることがある。それは本来、行政の影響を受けてはならず、独立していなければならないのだが。それを見ていると、時代が逆行しているように感じられ、そら恐ろしくなってくるのだ。
 この絵は、例によって手遊びで描いていたものに少しずつ色を付け、上から別の絵を描き込み、色を更に追加した。もともと青いボールペンを使い切るために一色で描いていたのだったが、黒、赤のインキ、朱色の鉛筆、クーピーペン、白色の修正液などを使って仕上げた。この作品はB5のスケッチブックに描いてあるが、もう少し大きな絵に描き直すかもしれない。自分の考えをはっきりと主張した作品として。
 この空を飛ぶ車輪付き人形ロボットは、本来猛スピードで地上を走り回るだけのものだったのだが、手帳に描いている時に、空を飛ばせて見て、無人殺人飛行機を連想し描いてみた。予想以上におぞましい、不快な印象を与えるロボットになった。
 科学も工業もエンジニアリングも、本来の目的をしっかりと見据えることが必要である。これらに従事する人々に、哲学、信念、愛情が欠落していたら、人類は彼らの作り出すもののために大きな被害を蒙ることになるだろう。人が人をいかに効率よく、大量に、一瞬で殺戮できるかを研究している人間がいるとしたら、それは狂気でしかない。
 そも、万物は何のために存在するのか。決して、存在を否定され、破壊されこの世から消滅するためではない。

 


nice!(36)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 36

コメント 5

majyo

今日は司法の事をかきましたが、三権分立すべて形骸化していますね
画はとてもおもしろいです。ローラー付きの人型はとうとう空にまで・・・
いま、哲学、信念、愛情が欠落した人たちがいっぱいおかしなものを作っています
売っています。そしてそれで殺戮ですね
消滅してはいけないです
by majyo (2016-12-13 19:55) 

Kanna

アヨアンさんの絵の中に出て来る不思議な生き物達、第一印象はとても可愛いのですが、解説を読ませて頂くと、第一印象とはかなり印象の違う場合が多いので、そのギャップが面白いですね^^
(そのため、見た目の可愛さに騙されないようにしなくちゃ!と思いながら拝見しています 笑)
「人が人をいかに効率よく、大量に、一瞬で殺戮できるか」という言葉を拝見して思い出したのですが、今週の日曜日に私の市内で不発弾処理をするそうで、ちょっと怖いです。。
人が人を殺すための恐ろしい開発は私も反対ですorz
by Kanna (2016-12-14 10:54) 

Enrique

意志の無い車輪付き人形ロボットが跋扈して,戸惑う事すらなく,形骸化した民主主義を使って「これで良いのだ」と横目でにらむ。退行現象も大概にしないとしまいには。。。現実にならなければ良い夢です。
by Enrique (2016-12-14 12:38) 

アヨアン・イゴカー

mimimomo様、sig様、めもてる様、YUTAじい様、Mitch様、majyo様、KINYANO829様、夢の狩人様、マルコメ様、くらま様、ChinchikoPapa様、SILENT様、扶侶夢様、かずのこ様、ビタースイート様、siroyagi2様、dumbo様、ぜふ様、Enrique様、carotte様、lequiche様、りんこう様、森田恵子様、Inatimy様、ぼんぼちぼちぼち様、kazg様、kohtyan様、旅爺さん様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2016-12-17 21:26) 

アヨアン・イゴカー

majyo様
コメント有難うございます。
物に対する愛、思いやりが欠如している、欠乏している、そのような気がします。身近な物への思いやり、愛があれば、戦争などしたり、殺戮したり、破壊したりすることはできるはずがありません。

Kanna様
不発爆弾の処理。先日テレビで報じていましたが、全く自分の責任ではないのに、出てきた場合費用を一部負担しなければならないことがあるそうですね。
不発弾ではありませんが、地雷が埋まっている地域はまだまだあるようですね。ラオス、カンボジア、パキスタン、アフガニスタン、アンゴラ・・などで日本のNPOが活動しているようです。

Enrique様
言葉だけ、形だけの民主主義、それはアメリカでも日本でも、そればかりでなく、世界中のあちこちの「民主主義国家」で骨抜きになっていると感じています。それを、本来の民主主義にしなければならないという焦りも、世界の各国の一部の人々が感じていることも分かります。

by アヨアン・イゴカー (2016-12-17 21:39) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る