So-net無料ブログ作成
検索選択

小説『審判』の為の挿絵 [日記・雑感]

 Kannaさんが、そのお友達の誕生日の贈り物として作成したポップアップアート(飛び出す絵本)がありました。ドールハウスのようで、いかにも女性らしく、遊びも楽しさも伝わってくる明るい作品です。その中に、何故か、蟷螂が2匹いました。それについて私が自分の描いた絵を思い出したとコメントを書いておいたら、どんな蟷螂が見たいという返事が書いてありました。そこでその絵の一部をここに紹介しておこうと考えました。
DSCN3125.JPG その作品とは、こちら(左の絵)です。この絵はもともと詩『審判』と言う作品の挿絵の一枚として描いています。裁判所に於ける一場面です。
 10月に入ってから、この詩『審判』を小説にして、とある出版社公募に応募しようと計画を立てました。自費出版もいいけれど、同時に、第三者の評価も問うた方がいいだろうと。栗の里の愉快な女房殿も、今回はどんどん送っちゃえ、と私に発破を掛け、勇気と力を与えてくれています。涙がでるほど有難いですねぇ、こういうのは。(泣いていませんが。)それで、毎日数ページずつ、この詩を元に小説に仕上げてゆきました。本日めでたく完成したので、明日郵便局から発送する予定です。公開した物は応募不可となっているので、こちらでは紹介できませんが。自分としては、最善を尽くしているので、結果はどうなっても構わないと思っています。勿論、評価されることを希望しないわけはありませんが。
 これからは、あちこちにどんどん応募しよう、原稿を送って評価してもらおうと思います。

 Kannaさんへ:こちらが私の描いた蟷螂です。腹が大きいので、多分雌の蟷螂です。裁かれる私を、傍聴席から見ている場面です。隣にいるのは蠍です。Kannaさんの絵にも、スーパーのような場所にビーバーのような動物がぽつんと立っているのがありましたね。
nice!(45)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 45

コメント 8

mimimomo

こんにちは^^
作品を応募するのは良いことですよね。わたくしも知人に写真だって出した方が良いと言われますが、面倒でまだやったことがありません。
by mimimomo (2016-10-31 15:18) 

majyo

栗の里の愉快な奥様のおかげで小説が完成しましたか
いいなあ。ある意味で夫婦合作です
第三者のそれもプロの評価も楽しみですね
by majyo (2016-10-31 18:42) 

Kanna

わあ!リクエストありがとうございます!(*^^*)
カマキリ、本当にそっくりでびっくりいたしました!^^
(ブログにも書きましたが)カマキリを描くのは今回が初めてだったので、似ているかどうか心配だったのですけれども、動物の絵がお上手なアヨアンさんのカマキリと似ていたのでホッといたしました(*^^*)
裁かれるアヨアンさんを傍聴席で見ているカマキリやサソリちゃん、その他にもちらほらと動物らしき生き物が見えますね、面白い光景です^^
そして小説の完成おめでとうございます!^^
私も奥様同様、「どんどん送っちゃえ!」と思っております(笑)

PS…
ビーバーの絵、覚えてくださっていて嬉しいです!(*^^*)
by Kanna (2016-11-01 11:55) 

Enrique

やはりエンカレッジメントは必要なものですね。
色んな動物たちが審判を見守っていますが,蟷螂と蠍がフォーカスされているところが恐い様なユーモラスな様な。
by Enrique (2016-11-02 06:29) 

アヨアン・イゴカー

たかおじー様、芝浦鉄親父様、ネオ・アッキー様、tamanossiomo様、かずのこ様、kaz様、マルコメ様、ビタースイート様、旅爺さん様、めもてる様、tommy88様、carotte様、常武鉄道様、mimimomo様、siroyagi2様、八犬伝様、森田恵子様、Mitch様、えれあ様、majyo様、ぼんぼちぼちぼち様、ChinchikoPapa様、りんこう様、くらま様、くりんくりん様、夢の狩人様、チャレンジャー様、caveruna様、mamii様、lamer様、sxchnitzer様、シルフ様、Enrique様、maoctobre8様、yam様、miffy様、kohtyan様、扶侶夢様
皆様nice有難うございます。
by アヨアン・イゴカー (2016-11-06 09:07) 

アヨアン・イゴカー

mimimomo様
元㈱劇団木馬座の社長は、1000枚以上の油絵を描いていて、友人から個展をやってはどうかと勧められたと言っていました。社長も中学時代までは絵に進むか哲学に進むか迷っていたようでした。結局は西洋哲学に進んだようですが。

majyo様
世間を見ているといろいろ問題のあるものが氾濫していますから、「プロの評価」は曲者ですが、一応そのような評価は第三者のものなので、あれば世間的に評価される原動力となります。そういう点、欲しいものではあります。

Kanna様
蟷螂、似ていますよね、雰囲気が。
今、別の小説に取り掛かっていますが、これも「どんどんおくっちゃえ」とモロさんに言われているので、締め切り目指して張り切っています。
ビーバーの絵、Kannaさんの心象スケッチとして、印象的に覚えています。Homutyで見ましたが、今は掲載されていませんね。

Enrique様
応援、支援、励ましと言うのは、特に順調でない時には不可欠だと思います。
ちなみに、この『審判』と言う詩については、N氏が私の代表作になるような傑作だと評価してくれました。

by アヨアン・イゴカー (2016-11-06 09:21) 

sig

理解のあるいい奥様ですね。お二人のやり取りが目に浮かぶようです。
by sig (2016-12-10 15:50) 

アヨアン・イゴカー

sig様
ご訪問有難うございます。
応援はしてくれているのですが、まだなかなか結果が・・・
by アヨアン・イゴカー (2016-12-10 22:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る