So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

伯父吉江新二 その1 [吉江新二の思い出]

 自分が無意識の内にも最も意識していた、影響を受けていた伯父が先週8月9日火曜日に96歳で他界した。高齢なので全く予期していなかったと言えば嘘になるが、予期したくなかった、伯父が他界するなどと言うことは考えたくもなかった。90を過ぎてからも元気に歩き回っていると聞いていたので。が、現実にはそれは不可避であり、受け入れざるをえないことであった。
My beloved Uncle Shinji 20160816DSCN3107.JPG この絵描きの新二伯父は、今年2016年の5月27日頃、腰が立たなくなり緊急入院した。一週間ほど経った6月6日の土曜日に私の両親と兄、姉、叔母、弟と私はお見舞いに行った。東京都東久留米市の滝山病院である。兄と私は電車とバスで行ったのだったが、電車の遅延もあり予定よりも30分ほど遅く着いたため、別行動をしていた両親や姉たちは見舞いを終え、食事のために料理屋へ移動してゆくところだった。急いで伯父の病室を訪れ、話し掛けた。最初ぼんやりしているようだったが、すぐに私のことを分かってくれたようで、大きく相好を崩す。が、声を発しても言葉にならず聞き取れない。それでも、私は6年前に伯父が話してくれた都立新宿高校の教え子たち、著名な音楽家二人の話をすると、本当に嬉しそうににこにこしていた。そして、話し掛けている私を、無言のまま大きな目をしっかりと見開いて、じっと見つめた。そんな伯父と私を見ていた兄が、スマートフォンで写真を撮ってくれた。もっと一緒にいたかったのだが、両親たちを待たせているので、やむを得ず、面会は短時間で切り上げることになった。
 その写真を元に、木炭と鉛筆で伯父の絵を描いてみた。こんなデッサンをするのは本当に久しぶりだ。こんな機会がなければ描いていなかったかもしれない。今回は、これを機に、伯父の肖像画を数種類描いてみたいと思っている。
 伯父は主体美術協会の創立メンバーの一人であったことがウェブを調べていて分かった。主体美術の協会の中心メンバーだとは母から聞いてはいたのだったが。私は、少しでも地位がある人間には、生来条件反射のように抵抗感を抱いてしまう傾向があるのかもしれない。今はそうでもないと思うが。毎年、主体美術展の案内ハガキが母に送られてきていたことも知っていたが、行った事は一度もない。毎年展覧会が開催されてそこに出品していると言うのは、何とも偉そうに感じた。実際を知らないからゆえの愚かな思い込みだったのだが、嗚呼、何と言う甥っ子か!?
 伯父に対しても、無意識の内にも意識しているためにだろうか、不思議な甘えのような抵抗を示してしまうのである。あえて歯向かってみる。伯父のその生き方、それは私が自分の頭で作り上げている妄想にすぎないかもしれないが、またそれを検証しようとも考えていないが、その生き方が影響を及ぼしている、伯父から強い影響を受けていると感じる。
 残念ながら、この伯父との接点は多くはないが、それでも兄弟の中では多い方かもしれないので、覚えている限りの思い出を書いておこうと思っている。そして、都立新宿高校絵画部O.B.会の皆さんが出版して下さった『吉江新二作品集』に載っている絵も、いくつか紹介し、自分なりの感想を述べたいと思う。それは大好きだった伯父が存在したことへの感謝かもしれない。伯父には、そんなものはいらねえ、と言われそうだが。


nice!(43)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

YouTube”Old Witch's Song"『老婆の歌』 [youtube]

 8月9日のEnriqueさんのボッケリーにの記事をみていた。貼り付けてあったYouTubeの2本目の曲が随分懐かしい。その旋律には聞き覚えがあった。考えたら自分が30年前に作曲していた曲8小節が同じであった。姪っ子たち甥っ子たちのために人形劇『ヘンゼルとグレーテル』を上演することにし、そのために台本を書き、人形やバックドロップ、小道具や照明や必要な物全てを作った。その中には当然作曲もあった。10曲ほど書いたうちの一曲である。(ファンファーレ、主題歌、お菓子の家、白鳥、子守歌、白い小鳥、舞曲、老婆の歌、老婆登場の音、グレーテルの独白のBGM)
 Enriqueさんが2曲目で紹介されているのは
https://www.youtube.com/watch?v=PWYv_MWsyBM
Boccherini: Nightmusic from the streets of Madrid
第9番「マドリーの帰営ラッパ」の最終楽章では,奏者がだんだん退場して行くと言うパフォーマンスまであります。

である。私の曲は次のurlで。
big head09-08-23 sunday.JPGhttps://www.youtube.com/watch?v=63IYh6zl5zc&feature=youtu.be

尚、使用した絵は、『大頭と鯨』と言う絵。クレヨン等で描いてある。老婆の絵を用意する時間がなかったので、こちらを使った。

 歌の歌詞は

人間のこどもは美味しいよ
ぐつぐつと煮て食べると美味しいよ
人間のこどもは美味しいよ
こりりこりーこりりこりー美味しいよ

 


nice!(38)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

YouTube『大男の対決』 [youtube]

 随分、ご無沙汰してしまっていたが、何もしていなかったのではなく、実は自費出版の第二弾に向けて原稿の準備をしていたりした。ペン画家のモロさんの方は、特に内容について何の感想もなかったが、『神聖木曜日』の主人公であるN氏は、非常に細かい事実関係にも再度目を通してくれて、3週間に亘って5通の手紙を送ってくれた。その手紙の中には、実際は書かれていることとは異なるけれども、もし虚構として書いているのであれば彼は異を唱えない、と優く表現された意見が書かれていた。しかし、事実は変に頭で拵えた表現よりも強く、説得力があるものだ。だから、受けた指適については殆ど全部、彼の言う通りに変更した。(このインターネットの時代に、書簡でやりとりする、この原始的とも言える手法がとても魅力的だった。彼は直接会って話すことよりも、文章にすることを望んだ。それは正しいやり方かもしれない。十分に考えて書く。書き間違いは、言い間違いよりも大きな間違いである。一般的には、十分に考えなければ、考えは文章に書けないからだ。)
 いずれにせよ、その作業が今日やっと終り、明日郵便で最終原稿を彼に送るのだ。
 面白いもので、N氏の伝記『神聖木曜日』を書いている時は、モロさんから『ペン画物語』に関するメールが余り送られてこない。両方が同時に進行していたら、頭が少し混乱していたかもしれない。
 今日は、一段落し、気分的に少し達成感があった。そこで、YouTubeの作品でも作ろうと思い、フォルダーの中にあるWaveファイルを見たが、どうも大体は使ってしまっていたり、今日作りたいと言う気分にならないものしか見当たらない。そこで、新しい曲を書こうと決めた。この新しい曲は、しかし、新しいものではなく中学校の頃、高校の頃に書いた旋律を使うことにした。
 the silence of the wood.JPG『大男の対決』は『ルトリアの魔女ロサ』(『ルトリア8国物語』第一話)の一つの章である。ロサに魔法使いルピーツが与えた課題の一つ、大男の髪の毛を手に入れること。彼は森を支配する悪党の大男だ。その髪の毛には特別の成分が含まれているので、秘薬を作るためには不可欠なのである。優しくて善良で力は強いが、動きの鈍い大男が、ロサを手伝ってくれるという。悪党の大男に戦いを挑んでくれることになる。音楽の冒頭は朝の森の情景。この部分の旋律は中学校3年の時に書いたものをそのまま使っている。途中から変わるが、ここからは今日全く新たに書き足した。いずれにせよ、途中まで。
https://www.youtube.com/watch?v=G39ANTmVhRc&feature=youtu.be
nice!(37)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Holy Thursday second version 神聖木曜日 第二版 [youtube]

 30年以上前にN氏の書いたedefefgfgeであるが、前回『神聖木曜日』と言う仮題でYouTubeにした。今日は、その編曲を少し変えてみたくなったので、MU2000とVienna Instruments SEのstringsを使って書いてみた。 主旋律は口笛の音に、伴奏は男声合唱と女声合唱。そして、鐘の音も入れたくなったので、最初と最後に入れることになった。
DSCN3095.JPG 画像は、数年前に大学ノートにクーピーペンシルで描いた緑色の服を着た少女の絵。この少女で物語を書く予定だったが、まだ書いていない。この少女は分度器占いが得意なのであるが、・・・あぁ、それからが何も書けない。
 詩は、N氏の大好きな中原中也の『山羊の歌』より『少年時』。井上陽水にも『少年時代』と言う名曲があるが、やはり、夏や少年時代と言うのは、詩人やアーティストを捉えて放さないものなのだと思う。
 ペン画家モロさんのために『ペン画物語』を書くという約束をしていながら、モロさんからは画像や情報などを大分貰っておきながら、まだ冒頭しか書いていない。にもかかわらず、それなのに、先にYouTubeに取り掛かるのは、私のいつものやり方なのである。
 今日は久々にそれなりの量の雨が半日降り続いていたので、植物達が安心していることと思い、私の心も大分落ち着いている。十分に睡眠もとったし。
 だから、きっと、後程『ペン画物語』には着手し、書き進めることになるだろう。

https://www.youtube.com/watch?v=qtLqDs4NX78&feature=youtu.be

 


nice!(54)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

Holy Thursday 神聖木曜日 [youtube]

DSCN3088.JPG 出版の第2弾は『モロさんの略伝』と『神聖木曜日』が中心になる。両方とも、ほぼ打ち終わっているが、最後に少し追加しようとしていて、それに時間が掛かっている。職場の方の仕事が落ち着かなかったために、随分妨げられてしまったのだった。
 そでも、なんとか方向だけは決めているので、後は気が向いたら一気に書き終えることになるだろう。
 『神聖木曜日』ではN氏を扱っているが、N氏の書いた曲をどのように紹介したらよいか、迷いがあった。今回YouTube用に作成したのは、歌詞の書き込まれていないN氏の曲である。もう、20年も前に、私はこの曲を少しバロック風にバイオリンの独奏用にして、録音してみたことがある。それをカセットテープにして渡すとN氏は、予想に反してだったが、気に入ってくれた。だから、今回も同じように、しかし音源はもっとよいものを使って録音してみた。題名をどうしようか考えてたが、曲に歌詞がついていなかったので、題名にする手がかりがなかった。結局、彼を紹介する文章の題名と同じ『神聖木曜日Holy Thursday』にすることにした。
 ちなみに、この神聖木曜日と言う題名については、従妹がその由来を知って、胸がきゅんとした、と言ってくれた。私はこの題名が好きだったので、そう言ってもらってとても嬉しくなった。
https://www.youtube.com/watch?v=HPRWmdpSs1E&feature=youtu.be
DSCN3086.JPG 挿絵は、20年前に、自転車に乗って近所を回り、気に入ったものを簡単にボールペンで描いたものである。
 いい加減なところが多いが、懐かしく、それでも記録としてすこし役に立っている。

  尚、YouTubeの最初と最後に出てくる絵は、東京都多摩市永山にある公園の歩道の風景。公園の丘の上にあるベンチでN氏と私は長い時間、あれこれ話をし、その後いきつけの喫茶店へ移動し、話を続けるのだった。


nice!(64)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『第15回 風景を描くペン画展』へ行く [日記・雑感]

 異次元の道20160611土曜日DSCN3080.JPG今日は、国立のコートギャラリー国立で開催中の『第15回 風景を描くペン画展』へ行って来る。JR中央線国立駅南側で、線路沿いの通りに面している、便利でお洒落な画廊。しかも、地上1階なので、通行人も中の様子を見ることが出来る。画廊は手前と奥に2箇所あり、今回の展覧会は手前の会場。
 ガラス扉は開いていて、中に人々が7人位いた。モロさんが講師を勤めるカルチャーセンターの教室の人々は、多くが定年退職した方のようで、平均年齢は高く、若い人の姿は見当たらない。入ってすぐ右側の壁に、モロさんの『異次元への道』が展示してある。想像していたよりもはるかに大きな作品だった。25号(80cmX60cm位)はあったと思う。葉書に載っていた写真では、どの程度描きこみしてあるかが分からなかったので、どの位描くと柔らかさや厚みがでるのか、原物をみて確認できた。
 順番に受講生の作品も見て行く。素晴らしい技術を持っていて、既に画家として通用する作品もある。銀杏の樹皮を見事に一定のリズムで描いて再現している絵もある。感心しながら見ていると、突然「こんにちは!」と横の女性に声を掛けられる。誰だろうと思ったら従妹のAっちゃんだった。私が今纏めている出版第二弾の原稿(『師岡正典氏の略伝』、『神聖木曜日』、詩『審判』)を読んでもらったら、モロさんのことを只ならぬ人だという感想をくれた従妹である。異次元の道DSCN3081.JPG今回の展覧会を知らせると、モロさんに会ってみたいとのこと。彼女は夕方から知人の合唱をオペラシティに聴きに行く前に、来てくれたのだった。もしかすると、時間の調整ができないかもしれないと言っていたので、会えないかもしれないと思っていたのに、殆ど同じ時間に到着していた。彼女は10分くらい前に着いていた。
 早速モロさんを紹介しようと、道路側のテーブルに坐っていた二人の男性に「済みません、師岡さんはいらっしゃいますか?」と尋ねる。「今、控え室で弁当を食べていますね。」と言うので「ああ、そうですか。それでは、暫く待っています。」と言って、再び絵を見始める。
 モロさんは、自分のペン画は彩色をしないことにしているが、色を塗りたがる人もいるので、彩色も教えている。
 彩色された作品の中に、詳細まで描かれていないという点では完成度は高くないが、味の或る、挿絵として十分に通用する絵もあった。
 一寸してから、モロさんが出てきてくれたので、慌てて絵を見ていたAっちゃんを呼んで、紹介する。「あら。普通の人ですねぇ。」と笑っている。「俺は、普通だよぅ。」とモロさん。私がモロさんの変わっていると思われる部分も誇張して描いているので、従妹ももっと怪しい人物を想像していたのかもしれな異次元の道DSCN3082.JPGい。モロさんは、自分の絵の所へくると「ここの部分が現実で」と樹の枝が横に伸びて楕円形の明るめの空間を指した。「この建物の中で人の声や笑い声が聞こえたりすんの。」左側の暗い建物の部分を指して「ここの部分が非現実なの。」「で、何か物語とかはないんですか?」と私が尋ねると「そんなもん、ない。こんで終わり。」とにやにやしながら言う。私としては、モロさんの特異性、特徴があることを大いに期待してそう質問したのだが、質問はここでばっさりと切り捨てられる。いかにも、モロさんらしい。
 今日、この展覧会へ行ったのは勿論、この『異次元への道』を見ることだったが、もう一つの目的があった。それは、モロさんが『ペン画物語』と言うものを構想していて、その文章を私に書いて欲しい、ついては今日話したい、とメールで書いていたので、モロさんの計画について具体的に知ることだった。結論としては、企画出版(商業出版)にならない場合には、この話は、話だけになるとのことである。モロさんが『ペン画物語』の案を出版社に持ち込んで、採用してくれるよう掛け合うという流れである。
 『ペン画物語』について、思いつくままにあれこれ話していたが、受講者の人々の簡単なペン画歴について述べ、その中心として『師岡正典氏の略伝』があればよいかもしれない、と言う案はそこそこ現実的のように思われる。
 最終的に、今日の段階では案がはっきりしないので、『ペン画物語』の全的的な構想をもう一度頭を捻って考え、案をモロさんに送ると約束をして別れた。

※上記展覧会は来週6/14の火曜日まで開催中。
nice!(62)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

「第15回 風景を描くペン画展」のご紹介  [日記・雑感]

 20160604DSCN3075.JPG来る6月9日(木)~6月14日(火)まで、『第15回 風景画を描くペン画展』が開催されるので、お近くの方、御用のない方、暇を持て余している方、本当は我こそは真実の美の愛好家と自負する方、好奇心旺盛な方、展覧会を冷やかしたい方、どんな方でも結構です、気が向いたら足をお運び下さい。私の知人である師岡正典さん(http://www.geocities.jp/moro_pen/index.html)が代表を務める「ペン画・コンマ13の会」が主催するペン画展です。このグループでは、原則、最も細い線を引くことのできる(と言うことなのですが・・)ステッドラー社の製図用ペンを使って、丁寧に絵を描きます。この拘りは、なかな曲者です^^
 師岡さんの著書の紹介はこちらのブログで2010年に行いました。http://boxtreenh.blog.so-net.ne.jp/2010-01-11
 私は、来週の土曜日に行く予定。なんと珍しいことに私のブログに訪れてくれるKannaさんの作品が国立駅近くのアート・イマジンで全く同じ期間に1点『ご褒美』が展示されているので、行って見たいと思っています。
 ところで、詩を書いている従妹に20160604DSCN3079.JPGも『師岡正典氏の略伝』を読んでもらっていたのでしたが、モロさんの話をしたら、どんな人か会って見たいと言います。彼女が果たしてどのように思うか、後で感想を聞いて見なければなりません。何せ、今はなき名力士の北天佑が大好きで、北天佑そのものになりたかったという女性ですから、何を言い出すか分かりません。私も北天佑は好きで応援していたけれど。私の「好き」は実にいい加減ですが、彼女の「好き」と言うのは、何かシャーマン的な、人智を超えていて、つまり、度を越えているのが素晴らしいところなのです。詩を書く人間は、案外度外れ、ピンぼけ、昼行灯の行動をとることがあるかもしれない、そう思います。
 原画を見ていないので、感想を述べることはできませんが、このモロさんの絵は、見るのを楽しみにしています。この展覧会は、モロさんが講師を勤める絵画教室の生徒さんたちの作品も楽しむことができると思います。モロさん曰く、生徒さんたちは、毎日しっかりと時間を掛けて描きこむので、かなりの腕前であり、(俺よりも)凄い腕前の人々が何人もいる、とか。でも、技術だけでは・・・と私は思っています、勿論。伽童の世界の絵を描くモロさんなのですから、モロさんの奥には、魔物や妖精が住んでいるのです・・・^^

 


nice!(47)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

『その風の瞳』YouTube [youtube]

 今日は、入力をほぼ終えた原稿『神聖木曜日』の主人公である詩人のN氏が作詞作曲をした『その風の瞳』の編曲をし、大分DSCN3067.JPG前にノートに描いて置いた絵を利用してYouTubeに纏める。https://www.youtube.com/watch?v=v1q9rycmreE&feature=youtu.be 
ここに添付している絵自体はCeltic Harpを弾く女性の動画をYouTubeで見た時の印象を少し再現したもので、正しく描けていなかったので今日少し鉛筆、クーピーペンシルで訂正。特に弦については赤いボールペンでフリーハンドで描いていたので、今日は定規を使い真直ぐな線を引き、本物に少し近づける。この絵は勿論N氏の書いた作品とは全く関係がない。YouTubeに出てくる女性の顔の絵も同様何の関係もない。クーピーペンシルと黒インキで描いた女性の絵。私の描く女性は昔からこのような顔になる。それでも、YouTubeで何らかの作品を作ろうとすると、どうしても絵が必要になるので、あれこれ探して、一番相応しい物を選んだ次第。
 『その風の瞳』の歌詞は、実は、未完成だそうである。素朴な旋律の反復なのでオーケストラ版ではなく、ギターとパンフルート版にすることにした。オーケストラ版では、大分編曲が大げさになっているので、恐らく原曲に近いと思われる簡単な編成にした。
 ところで、20年近く連絡の取れなかったN氏であるが、昨年から電話すると出るようになってくれたので、私は嬉しくて仕方がない。N氏が主役になっている『神聖木曜日』なので、彼の話をもう少し追加したいと考え、欠けている部分について情報が欲しいと言ったところ、文章にして送って呉れると言う。これも大いに有難い話で、私がいい加減な記憶で書いている文章が、彼の文章を補うことによって、より正しい内容にし、価値が高まる。また、彼は私の書き上げた文章を読んでくれるというのだ。それが最も大きな喜びである。
 尚、彼の音楽は、既にYouTubeで『カエルの使者』(ねむり姫より)として、私が編曲した物を1曲だけ紹介している。
nice!(62)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

奥多摩のペン画家、モロさんの散歩コース [日記・雑感]

 奥多摩のペン画家モロさん(ペン・コンマ13の会 代表)が、パリにいた時代のお気に入りの散歩コースは、次の様なものだった。
 住んでいた屋根裏部屋のあるアパートのあったAvenue Sully-Prudhommeシュリー・プリュドム通りから。Rue de l'Universiteへ。そしてBoulevard Sain-Germainに入り、Saint-Germain-des-Pre'sを通り過ぎ、Boulevard Saint-20160514DSCN3062.JPGMichelを下りSeineセーヌ川へ。Pont Neufを渡り、ルーブルの先の道をコンコルド広場へ。そこからシャンゼリーゼ通りへ。ジョルジュ・サンク通りのクレージーホースを横目に見て、路地に入り、お気に入りのマネキンに挨拶して、屋根裏部屋に帰る。このマネキンはレストランの前に置かれた女性の人形で、ステッキと山高帽姿の踊り子。山高帽を被り、片手にはステッキ、もう片手にはトレーに乗った料理。顔は真っ黒で目鼻はない。「今晩は。また、会えましたね!」と歩きながら挨拶。

 今日の絵は、そのモロさんの散歩の一場面を想像で私が描いたもの。全然違っているような気もするけれど、多分、きっと、間違いなく違っているだろうけれど、描いてしまったのだから仕方がない。

 『モロさんの略伝』の文章は、一旦、書き終わったが、再度話を聞いた当時、1995年頃の手帳を出してきて、落穂拾いをしている。手帳と言うのは、記憶よりも正確で、やはり必需品であると痛感する。また、モロさんに先日聞いた内容と、手帳に書き留めた内容とが異なっているのも面白い。初めてフランスへ行った時は、羽田からシャルルドゴール空港へ行ったと言っていたが、ノートにはパリ郊外のオルリー空港と書いてある。20年以上前なので、そちらの記憶の方が確かだったのではないかと思う。

 N氏の略伝である『神聖木曜日』もほぼ打ち終わったが、同様に手帳があるので、補足すべき事実が書かれていないか、少し読み返してみなければならない。
nice!(37)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

原稿2つめ『神聖木曜日』入力しながら [日記・雑感]

 出版第二弾の準備を、今の所順調に、している。二つ目の『神聖木曜日』の入力が終わったら、他のいくつかの小品と一緒に東京図書出版の担当のWさんにもデータを送り、企画出版(出版社が一部負担)になるかどうか審査して頂くことができるだろう。まぁ、5000部売れると言うのは、内容は言うまでもないが、それなりの宣伝も必要になるのだろうと思う。
20160501DSCN3061.JPG 『神聖木曜日』と言う作品は、このブログでもまだ中味を全く紹介したことはないが、私にとっては非常に大切な作品である。N氏の詩をいくつも紹介している。ちなみに、もう一つの大切な作品『酒、恋、詩の日々』も同様で、詩的な作品である。どちらの作品も主役が詩人だからだ。これらは兎に角、本にしてしまうことが大事だ。
 モロさんの略伝はジオシティーズのブログでモロさんの絵と一緒に紹介したのだったが、ヤフーブログに移行した際に放置しておいたので、文書が全て消去されてしまった。この作品をブログで紹介した意図は、宣伝であった。少しでもモロさんが知られればと、モロさんのペン画の宣伝になればと思って公開していたのである。実際、モロさんの講座の受講者の方で、このブログを読んでくださっていた方もいる、と聞いている。
 今日の絵は、先日のメーデーの日に赤いボールペンで描き始め、その後色鉛筆とクーピーペンシルで仕上げをした地方のレストランのような場所の絵。燕の帽子を被った男が葡萄酒を注ごうとしている。猫氏は腹ペコで、舌なめずりをして待っている。室内には燕が二羽飛んでいる。このレストランの外にはお盆を片手にしたマネキンがあるのかもしれない。
 ※マネキンについては、モロさんがパリ時代に歩いた散歩道沿いにあるレストランに置いてあった踊り子のマネキンを想像しながら、この文章を書いている。そのマネキンは目鼻がなく真っ黒で山高帽を被り、ステッキを片手に、もう一方にお盆を持っていた。「こんばんは、マドモワゼル。またお会いしましたね。」モロさんはこんな風に声を掛けて散歩を続けたそうだ。

 今日は『神聖木曜日』を入力しながら、本の一寸寄り道で、ブログの更新。 


nice!(46)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の10件 | -
メッセージを送る